SILKYPIX BLOG

/ silkypix.exblog.jp

RAW現像ソフトSILKYPIXオフィシャルブログ

【レンズ収差補正】画像周辺部の色ズレを補正する

最近、鉄道写真に興味を持ちカメラを連れて近郊の沿線へ出かける機会が増えました。それというのもSILKYPIX特設サイト「鉄道写真掲示板」に投稿いただいているみなさまの写真に感銘を受けたのが切っ掛けです。

最近では通勤時や外出時にも車窓から撮影ポイントを探したり、インターネット地図でロケーションを確認したりしています。

この写真は房総半島の太平洋側を走る外房線沿線で撮影したものです。
c0168669_1443745.jpg


ピントなどを確認しようと等倍表示にして見ていると画像周辺部のコンクリート柱に不自然な色づきがあるのを発見しました。この色がズレた様な現象が「倍率色収差」ですね。

c0168669_14433545.jpg


この特性は広角系のレンズで出やすいらしいです。確かにこの写真は広角側で撮影したものです。
こうなってくると他の画像も気になりチェックすると… ありました。
この近辺の構図・倍率で撮影した画像には同じように色ズレが確認できました。

さて、ここで登場するのがSILKYPIXの「倍率色収差補正」です。
倍率色収差補正はメニューの[表示]→[レンズ収差補正]の中にあります。
補正の方法はとてもシンプルで、倍率色収差補正ツールをクリックして、色づきが気になる部分を囲みます。
c0168669_14442156.jpg

c0168669_14465643.jpg


これだけで、簡単に色のズレを補正することができます。

c0168669_14471648.jpg


この倍率色収差ですが、特殊加工などが施された高価なレンズではその特性が軽減されるようですが、カメラ本体と同等あるいはそれ以上の品物となるとなかなか手が出せませんよね…。

写真全体の色味や雰囲気の調整はとても大切なことですが、細部への気配りも大切にしたいですね。

(編集:伊藤)
[PR]
by silkypix | 2009-02-24 15:18 | 機能紹介(レンズ収差補正)