SILKYPIX BLOG

/ silkypix.exblog.jp

RAW現像ソフトSILKYPIXオフィシャルブログ

カテゴリ:被写体別現像例(街角)( 2 )

街角の記憶色

SILKYPIXの「カラー」の中にある「記憶色」というカラーモードは色彩工学的に人間が知覚した(記憶した)色に近づけるようにチューニングされています。結果としては鮮やかな方向性の絵作りとなっています。風景写真やネイチャーフォトなど色で見せる写真などにはマッチする場合が多いですね。

今回はそれとは逆の仕上げ方として街角スナップなどでの一例をご紹介させていただきたいと思います。埼玉の川口に用事があり少し時間があったので駅前をスナップしました。駅前は繁華街になっていて看板などがたくさんありました。また、当日は曇り空で全体的に光が周った感じでした。

c0168669_17515123.jpg


初期設定のままですと看板などの様々な色が主張し合ってごちゃごちゃした感じになっています。恐らく実際の見た目には近いのでしょうけれど、私が感じた雰囲気としては記憶の中で様々な色が混ざり合ってもう少し地味だったように記憶しています。特に曇りの日でコントラストも低いので色の感じ方が弱かったのかも知れませんね。

c0168669_18158.jpg


彩度を落としてコントラストも軟調に設定し仕上げてみました。

c0168669_1815460.jpg


彩度を落として色の主張を抑えることで色の浮きを抑え、画面全体に色に統一感を出すことで曇りの雰囲気を強調しました。また光の周り具合もコントラストを軟調に設定し少々強調してみました。
被写体や撮影意図などでも「記憶色」の傾向は変わるのかも知れないですね。

(編集:横山)
[PR]
by silkypix | 2009-02-13 18:08 | 被写体別現像例(街角)

【モニタープロファイル】自分のモニターの特性を把握する

最近では「映像・画像処理用」ということで様々なモニターが発売されていますね。「広色域」、「AdobeRGB比何%対応」など高性能なものを多く見かけます。何年か前だったら何十万円という業務用価格で販売されていた広色域モニターですが最近では需要も増えて来ていて手の届きそうな価格になってきました。しかし、いくら安くなってきたとはいえ、一般の方の趣味レベルまだお気軽に買える感じではないですね。

「映像・画像処理用」では無い普通のモニターを使っている方も多いのではないかと思います。それでもSpyderなどのモニターキャリブレーターを使う事である程度色は合ってきます。この辺りは既に体感されている方も多いのではないでしょうか?モニターキャリブレーターは画面の色を測定(診断?)して「ICCプロファイル」というファイルを自動で作成してくれるツールです。モニターのカルテみたいなものですね。そのICCプロファイルをOSやSILKYPIXなどのソフトウェアが解釈して正しい色に変換して表示します。

しかし・・・ICCプロファイルはコンピューターが使う為のデータ形式ですので人が見てもどんな診断がされているのかわかりません。それを目で見えるようにビジュアル化してくれるソフトがあります。有名なところですとmacに標準で入っている「ColorSync ユーティリティ」というものです。Windowsでも似たようなものが無いか探していた所「WinColor」というものがマイクロソフトから無償で提供されているのを見つけたのでそれ以来使っています。

WinColorのダウンロードはマイクロソフトのページから 「continue」ボタンでダウンロード開始です。

Windows XP専用です。Vistaにインストールしてみましたができませんでした。


c0168669_14342740.jpg

起動してICCプロファイルを選ぶとモニターの色域がビジュアル的に表示されます。
さらに虫眼鏡のボタンを押すと2つのプロファイルを比較できる画面に移行します。

c0168669_14383037.jpg

compare toにチェックを入れ比較したいプロファイルを選ぶとプロファイル同士の比較ができます。グレーの部分がここで選んだものです。今回はAdobeRGBと比較してみました。coordinateはCIELUVに設定します。

c0168669_1447658.jpg

画面上をドラッグすると色の塊がぐるぐる回転して360℃回して見れます。今回は広色域を謳っているモニター、三菱電機様のRDT261WHのプロファイルですのでAdobeRGBとの比較をしておりますが、一般的なモニターですとsRGBとの比較でも良いかと思います。

c0168669_14514045.jpg

暗部までぐるっと見れます。RDT261WHは結構優秀ですね。

このソフトウェアはこの後何かしてくれるわけでもなく色を形で表現してくれるだけのもののようです。しかし、こうして形で色を見てみるとお使いのモニターの特性が判ります。自分の使っているモニターはどこが強くてどこが弱いのか・・・など。気持ち的にスッキリしますね。プリントプロファイルと比較させることでプリントマッチング時の判断基準の一つとすることもできますね。

キャリブレーターを持っていて且つWindows XPの方は息抜きに調べてみるのはいかがですか?

(編集:横山)
[PR]
by silkypix | 2009-01-27 15:56 | 被写体別現像例(街角)
|