SILKYPIX BLOG

/ silkypix.exblog.jp

RAW現像ソフトSILKYPIXオフィシャルブログ

カテゴリ:機能紹介(ホワイトバランス)( 14 )

クリスマスカード用写真を撮影してみました

今週末はクリスマスを迎えます。街を歩けばクリスマスソングと共にきれいなイルミネーションを方々で見かけます。今年は特に青色のLED電飾が多いようですね。

さて、昨日は家族からクリスマスカードを作ってほしいとの依頼を受け、メインビジュアル用の写真を撮影することにしました。被写体は自宅のクリスマスツリーです。
我が家のクリスマスツリーは、LEDライトが色とりどりに輝くタイプです。まず部屋を全暗にして三脚にカメラを固定し、長時間露光で撮影してみることにしました。

シャッターを押すタイミングによってどの色に輝くかわからないので、ホワイトバランスのカメラ側設定を”AWB”に設定して、RAW現像時にホワイトバランスを調整したいと思います。
数カット撮影した中から、選んだのがこちら。
c0168669_18472434.jpg

予想通り、色調がイメージと異なっていました。暖色系であたたかみのあるイメージにしたかったのですが、
c0168669_18484293.jpg

色温度・色偏差ともに冷色傾向に調整されています。
そこで、ホワイトバランスのプリセットから
c0168669_19133785.jpg

”昼光(晴れ)”を選択すると、
c0168669_18501990.jpg

好みのイメージになりました。
光源そのものを撮影する場合は、プリセットの名前に固執せずいろいろ選択してみて好みのホワイトバランスを見つける調整の仕方も良いと思います。

最後に前日テレビ番組で見た「自作クロスフィルター」を作ってみることにしました。透明度の高いビニールを適度な大きさにカットし、サンドペーパーで縦横升目状に傷をつけた状態でレンズの前面に貼ります。
先ほどのカットと同じようにWBを調整し、仕上がったのがこちらの写真。
c0168669_19165174.jpg


結果的にクリスマスカードに採用されたのはこの写真となりました。


(編集:音羽)
[PR]
by silkypix | 2010-12-20 19:20 | 機能紹介(ホワイトバランス)

秋の彩り

日に日に朝夕の冷え込みが増すのと共に、樹木の色づきが目立ちはじめました。関東近郊もこの夏の猛暑の影響で紅葉が遅いとの予想もありましたが、ほぼ例年通りのようです。
紅葉は始まった!と気付いたらすぐに撮影に行かなければ時期を逃してしまいますので、昨日近場のスポットに行ってきました。

モミジは紅葉している樹木が多くなく、まだまだこれからのようです。
写真の樹木は見事に色づいていました。
c0168669_1127497.jpg

c0168669_11332179.jpg

紅葉撮影は頭上に目を捕らわれがちになりますが、下にも目を向けてみると良い被写体にめぐり合えました。
c0168669_11301760.jpg

16時前だというのにすでに夕景です。気付くと今年の冬至(2010年12月22日)まで1ヶ月を切りました。
c0168669_1130545.jpg

c0168669_11311067.jpg



最後にホワイトバランス調整のご紹介を少々。
c0168669_11341023.jpg

この写真、カメラ設定をAWB(オートホワイトバランス)で撮影したのですが自分がイメージした色調と異なった表現になってしまっています。全体的に青く色カブリしていて、黄色い銀杏の葉がにごった色調になっています。これはホワイトバランスが意図と異なる設定になっている為です。このような場合は、ホワイトバランスを調整することでお好みの表現にすることができます。色温度と色偏差のスライダーを使って調整することもできますが、今日は色カブリを解消する簡単な調整方法をご紹介します。

まずは、SILKYPIXに搭載されているSILKYPIX AWBをお試し下さい。
c0168669_11415096.jpg

c0168669_1142516.jpg

高い精度で、適切に色カブリを解消することができます。

または、画面にグレー(無彩色)の部分があるときはグレーバランスツールをお試しください。この写真の場合は、大理石のグレー部分を指定すると、
c0168669_11431774.jpg

c0168669_11433914.jpg

このように簡単に色カブリを解消することができました。

写真の色調に納得が行かない場合は、まずホワイトバランスを調整を行ってみると解消するケースが多いですのでぜひお試し下さい。


(編集:音羽)
[PR]
by silkypix | 2010-11-22 11:44 | 機能紹介(ホワイトバランス)

ホワイトバランスの正解?

先日9/3(金)・9/4(土)、(株)リコー様の銀座にあるギャラリー「RING CUBE」にて開催しました「RAW&レタッチ講座 超入門編・初級編」無料講座にご参加頂きました皆様、誠にありがとうございました。
2日連続でご参加下さったお客様もいらっしゃり、また質問も飛び交い、おかげさまでとても充実したセミナーになりました。この場を借りてお礼申し上げます。
c0168669_11154016.jpg

《セミナーの様子》

さて、今回セミナー(初級編)で使用した写真をご紹介させて頂きます。
c0168669_11163574.jpg

このふてぶてしい野良猫の写真、この夏、早朝の神社で撮影しました。
カメラのホワイトバランス設定を「AWB(オートホワイトバランス)」で撮影したのですが、全体的に青っぽく色かぶりしています。
色かぶりを解消して正しい色調に再現する為、まずはプリセットから「昼光(曇り)」を選択しました。
c0168669_11165415.jpg

c0168669_11175082.jpg

色かぶりが解消され、良好な発色です。
ただ、疑い深い私は「朝」撮影なのに「昼光」で良いの?と疑問に感じたので、では別の方法のホワイトバランス調整を試してみようと思いました。ちょうど、猫の背後にグレーの配水管があるので「グレーバランスツール」を使用してみます。
c0168669_11181352.jpg

c0168669_1119868.jpg

「昼光(曇り)」のプリセット値が、
色温度:6000K・色偏差:3
に対し、グレーバランスツールでホワイトバランスを調整した値が、
色温度:6026K・色偏差:2
ほぼ同じ値と言って良いと思います。
c0168669_11221771.jpg

二つの調整結果から、ホワイトバランス調整をやっと納得することが出来、気分よく調整前と調整後の写真をそれぞれプリントをして「どうかな?」と同僚に見せたところ、、、なんと調整前の青かぶりしている写真の方が「猫のふてぶてしさとマッチして雰囲気ありますね。」との言葉。言われてみると確かにそんな気がしてきます。その後セミナーでも同様に数名の方から「調整前の方が雰囲気があって良いね!」との評価を頂きました。

今回の事であらためて感じたのは、たしかにホワイトバランスを正しく(光源による色かぶりを解消)設定する、正しい色調を表現することはRAW現像において不可欠な機能ですが、個人の写真作品制作においてのホワイトバランス調整の正解は、撮影者がどのように表現したいかという部分に依存することが理解できました。
また写真を観賞する人それぞれによって、その写真から受ける印象が異なり、そのあたりが写真の奥深さ、面白さでもあると強く感じました。

ちなみにこの猫の写真、調整前と調整後、どちらがお好みでしょうか?


(編集:音羽)
[PR]
by silkypix | 2010-09-07 11:28 | 機能紹介(ホワイトバランス)

料理写真のホワイトバランス調整

7/9(金)横山の記事に引き続き、私もホワイトバランス調整をご紹介させていただきます。
先週末、いつもお世話になっている方に誘われ、荻窪まで行ってきました。
行きつけの居酒屋に案内してもらったのですが、そこでびっくり!
c0168669_18311372.jpg

刺身の盛り合わせを注文してくれたのですが、2人前でこの量です。
ネタも新鮮でしかもとても安価で、大満足でした。
そこで、SILKYPIXブログメンバーにも紹介(自慢)しようと思い写真を撮ったのですが、電球色で色かぶりしていますね。これはこれでお店の雰囲気が出て良いと言えなくもないですが、どうせなら新鮮な素材本来の色でと思い、SILKYPIXで調整してみます。ちょうど白い器がありますので、グレーバランスツールを使用してみましょう。
c0168669_18313821.jpg

ホワイトバランスから、赤く囲った部分をクリックすると、スポイトが出現しますので、白い器の部分を選択します。白い器でも、例えばお刺身が写りこんでいたりすると正確な調整が出来ませんのでご注意下さい。
c0168669_18315722.jpg

前出の画像と比較してみると、
色温度が3378→2880
色偏差が6→2
と変化し、色かぶりが解消されたようです。では全体で見てみましょう。
c0168669_18321379.jpg

美味しそうな写真に仕上がりました。
このように簡単に調整することが可能ですので、例えばグルメサイトの投稿などに使用する写真に是非試してみてください。

もし皿が白くなく、また画面内に白いものが(もしくはグレー)無い場合は、周りの白いもの(割り箸の袋、おしぼり等)をさがし、一緒に写すと良いですよ!


(編集:音羽)
[PR]
by silkypix | 2010-07-12 18:37 | 機能紹介(ホワイトバランス)

曇りの日の家の中のホワイトバランス

c0168669_10195689.jpg


天気が悪く蒸し暑い日が続いています。ですのでお休みの日もあまり外に出れず家の中で映画を見たりのんびり過ごしています。昨年生まれました娘ももうすぐ一歳になろうとしており、覚えたてのつかまり立ちを見ては親としては転ばないかどうかヒヤヒヤしながら見守っていますが、教えた訳でもないのに上手に立つのを見ては感心しています。

そんな感じなので家の中でも日々成長する娘の姿を撮るのも楽しいものです。
c0168669_10273871.jpg


室内の撮影で外が曇っているとどうしても色が濁った感じになることが多いですね。これはホワイトバランスがずれてしまっている場合が多いと思います。特に子どもの肌などは青い方向へ色が被ると不健康な印象が出て嬉しくないですね。

今回はSILKYPIXのホワイトバランス調整の中にある「肌色指定ツール」を使って良い感じのホワイトバランスに仕上げてみたいと思います。
「肌色指定ツール」はホワイトバランスのタブの中にあります。
c0168669_1031999.jpg


「肌色指定ツール」を選択するとマウスカーソルがスポイトの形になりますのでその状態で肌色の部分を範囲選択してください。
c0168669_10322642.jpg


青被りが取れて良い感じの肌色になりました。
c0168669_1034892.jpg


「肌色指定ツール」は指定した肌色の露出とホワイトバランスを同時にきれいに設定してくれるツールです。
室内のポートレートや日陰の青被りなどホワイトバランスが難しいシーンでも便利に使えますのでお試しください。

(編集:横山)
[PR]
by silkypix | 2010-07-09 10:43 | 機能紹介(ホワイトバランス)

柴又スナップ

柴又と言えば「男はつらいよ」の映画で有名な所ですね。
帝釈天の門前町として古くからの町並みがあったり、東京の下町の風情を感じます。
食べ物では草団子やうなぎ、鯉料理などが有名ですが下町ならではのB級グルメ系もおすすめです。

c0168669_1594850.jpg


小さなお店で出しているもつ煮込みやレバかつ、焼き鳥、ハイボールなども良いです。

c0168669_1535937.jpg


柴又には数年前に約1年間暮らしたことがあったので懐かしい感じがしました。今回は娘が生まれたので連れて行きました。

c0168669_157389.jpg


ベビーカーをおして歩いていると色々な人達から声をかけていただきました。

c0168669_1511979.jpg


住んでいたときにはほとんど見向きもしなかった参道入り口のおみくじですが少し時間が経つと既に観光気分になってしまっているせいなのか、初めて買ってみました。結果は微妙な感じでした。

上の写真をご覧いただくと少し赤っぽく再現されています。カメラ側のWBはオートホワイトバランスに設定してあったのですが何故かこのカットはこのようにWBがずれてしまっています。日陰だからでしょうか??

c0168669_15153975.jpg


そこでRAW現像時にSILKYPIXオートホワイトバランスを試してみた所、良い感じになりました。

c0168669_15164887.jpg


SILKYPIXのオートホワイトバランスは一般的なオートホワイトバランスの仕組みとは異なるロジックで動作していますので、カメラではずしてしまったシーンでも当たりますのでお試しください。

(編集:横山)
[PR]
by silkypix | 2010-06-25 15:19 | 機能紹介(ホワイトバランス)

運動会を撮る

先週末は、娘の運動会でした。
当日は好天に恵まれ、私も張り切って撮影に望みました。
下の写真は昔ながらの徒競走の1シーンです。
c0168669_2045610.jpg

RAWを開いたままの状態だと、若干青みがかった印象があります。
撮影時のホワイトバランス設定を見ると、
c0168669_2053990.jpg

色温度が4591Kとなっています。実際の色温度より低いと思われます。
そのような場合は、当日「晴れ」ていましたので、プリセットで「昼光(晴れ)」を選択、
c0168669_2061552.jpg

すると、
c0168669_2063810.jpg

このように色かぶりのない写真に仕上げる事ができました。印象がかなり違うのがご確認頂けると思います。

また、もし当日の天気が微妙で判断つかなかったり、思い出せなかったりした場合には、「オート(SILKYPIX AWB)」を試してみて下さい。実際にプリセットで選択してみると、
c0168669_2072791.jpg

c0168669_2083713.jpg

「昼光(晴れ)」の数値と比較し、色温度で3しか違わない結果になりました。

アウトドアでの撮影に限らず、室内での撮影で光源が判断つかなかったり、ミックス光の場合の時は、まず「オート(SILKYPIX AWB)」を試してみてから、各スライダーで微調整するのが、ホワイトバランス調整のコツの一つです。
是非お試し下さい!




(編集:音羽)
[PR]
by silkypix | 2010-05-24 20:10 | 機能紹介(ホワイトバランス)

ニジマスのスモーク

最近、当ブログを担当しているメンバーで、よく料理の話をします。
「昨日、麻婆茄子を作った。」とか
「今日は飯を作る当番だが、何がいいかな?」
「湯豆腐は、簡単・経済的・野菜が摂れる・旨いの最強メニューだ。」
といった感じです。皆、料理をするのが好きなようです。

私も、休日はたまに料理をします(料理とまでは言えないかもしれませんが)。
昨日、娘が祖父と一緒に管理釣り場へ行き、ニジマスを釣ってきました。
c0168669_18552228.jpg

なかなかの型が揃って6匹。4匹は既に調理中で、上の2匹は本日ソテーにして食べました。
この写真は、ホワイトバランスが撮影時設定のままで、赤かぶりした状態になってしまい、
せっかくの魚の銀色がうまく表現出来ておりません。
では早速ホワイトバランス調整ですが、今回の撮影は白熱球下ですので、迷わず、
c0168669_18582341.jpg

「白熱球」を選択。すると、
c0168669_18584689.jpg

見事に、正確な色再現になりました。
ちなみに、上から2番目の「オート(SILKYPIX AWB)」を選択してもほぼ同じ色温度になり、
「グレーバランスツール」で、皿の白の部分を指定しても、ほぼ同じ色温度になりました。
例えば、光源の種類が正確にわからない場合は「オート(SILKYPIX AWB)」、
画面中に無彩色(白〜グレー〜黒)の被写体がある場合は「グレーバランスツール」と
臨機応変に使い分けして頂くのが良いと思います。
それぞれを選択後に色温度、色偏差を見た目で微調整も可能です。

調理中の4匹、完成しました。
c0168669_18592693.jpg

簡単スモークです。
ホームセンター等で販売している「スモークチップ」を、アルミホイルを敷いたフライパンに
適量入れ、火をつけて煙が出てきたところで、アルミホイルを丸めた塊上に乗せた丸網に
魚を並べて蓋をしめ、待つ事20分で美味しいニジマスのスモークが完成です。
レモンを搾って食べると抜群です。是非お試しを。

※魚は、スモーク前に塩をふって30分ほど寝かせておくと良いです。



(編集:音羽)
[PR]
by silkypix | 2009-11-16 19:05 | 機能紹介(ホワイトバランス)

SILKYPIXでオークション用写真を仕上げる。

皆様、ネットオークションを利用されたことはありますか?
私は、主に購入するほうで利用しています。
やっぱり、掲載されている商品の写真がより魅力的な方が、購入意識を煽りますね。

オークション掲載用写真は、正しい色を表示し、形状もしっかり表現するのが大切だと思います。
SILKYPIXは、オークション用写真を仕上げるのも大得意としています。
それでは早速、私なりの仕上げ方をご紹介したいと思いますので、一例としてご参考頂ければ幸いです。

今回のオークション出品商品は、以前にペットボトル飲料のおまけとして付いてきた、
某漫画キャラクターのフィギュアと仮定します。
まず撮影風景はこちら。
c0168669_125379.jpg

壁に画用紙(白)をセロテープで貼り、テーブルの上までアーチをつけて固定します。
左から照明(白熱電球)を当て、右にはレフ板(白)置きます。
RAWモードで撮影し、SILKYPIXで開いただけの状態がこちらです。
c0168669_12535848.jpg

電球色の赤みがかった色で表示されています。
まず最初に、トリミングしてしまいます。商品はしっかり認知できるように大きくします。
c0168669_12551212.jpg

次に、少し暗めなので、露出を1EVプラスにし、ホワイトバランスのドロップダウンリスト
の中から、白熱球(3000K)を選択します。
c0168669_12555973.jpg

ほぼ適切な色になりましたが、少し微調整します。色温度を3100K、色偏差を-3に設定しました。
c0168669_12572086.jpg

背景色がニュートラルグレーに表現されました。次に、コントラストの調整でメリハリを強調します。
c0168669_1258173.jpg

商品がはっきりしてきました。次はカラー、少しだけ彩度を上げます。
c0168669_12585161.jpg

良い感じです。次はシャープです。100%表示で見ながら、最適な数値に調整します。
c0168669_12592436.jpg

くっきりしました。次は、スポッティングツールで、目立つほこりを消します。当然、撮影時にクリーニング出来れば、この工程は必要がありません。
c0168669_12595485.jpg

ここまででほぼ完成ですが、すべての工程を終えてみると、ほんの少し暗いかなと思いましたので、
露出補正の露出微調整で、0.08EV明るくしました。露出微調整は0.01きざみで調整が可能です。
c0168669_1311875.jpg

完成しました。如何でしょうか?
c0168669_1332189.jpg

照明に関しては、今回は白熱電球を使用しましたが、SILKYPIXには、
c0168669_13409.jpg

23種類の光源に対しての適切なホワイトバランス設定がありますので、使用する照明によって
選択し、そこから微調整するのが良いと思います。
また、背景を白やグレーにすると、グレーバランスツール(赤丸)
c0168669_13534538.jpg

を使い、無彩色部分を選択するだけで、
適切なホワイトバランスに設定できる機能もありますので、お試し下さい。


※SILKYPIX WEBサイトでは皆様に写真を発表して頂けるように
SILKYPIX GALLERYを公開いたしました。
皆様のご参加、お待ちしております。

(編集:音羽)
[PR]
by silkypix | 2009-10-26 13:59 | 機能紹介(ホワイトバランス)

【ホワイトバランス】自宅で照明の下での撮影などに

超私事ですが先日誕生日を迎えました。とはいうものの34歳というと誕生日も嬉し悲しと微妙な年齢です。仕事から帰ると奥様からケーキをいただきました。この位で丁度良いのです。
せっかく買ってきていただいたのでテーブルの上のケーキも記念に撮影しましたが電球色での色かぶりが強いですね。(カメラ設定WB:AWB)

c0168669_15271992.jpg


SILKYPIXのホワイトバランステイストで3波長蛍光灯(電球色2L)を選択し、ホワイトバランスを調節しました。

c0168669_1534239.jpg


↓良い感じになりました!

c0168669_15305432.jpg


SILKYPIXには様々なホワイトバランステイストがプリセットされていますが、名前の意味はわからなくても一番写真の雰囲気に合うものを選んでいただければ良いと思います。今回は3波長蛍光灯(電球色2L)そのままで確定ましたが、どれにも該当しない場合は一番目的に近いものを選んでいただき、スライダーで微調節すると使いやすいと思います。

※私もエコ電球に変えたのですが、最近照明の種類も多様化してきているようで、光源の色温度も様々ですね。カメラのAWBでは、はずす場合もありますので照明の下での撮影はRAWをお勧めしたいと思います。

(編集:横山)
[PR]
by silkypix | 2009-05-29 15:39 | 機能紹介(ホワイトバランス)
|