SILKYPIX BLOG

/ silkypix.exblog.jp

RAW現像ソフトSILKYPIXオフィシャルブログ

カテゴリ:被写体別現像例(花)( 3 )

桜とメジロ

早咲きの河津桜や緋寒桜はピンクが濃く晴れた日の空には、とても映えますね。
最近ではメジロが桜の花に釣られてさえずっているのを良く見かけます。

空の青、桜のピンク、メジロのウグイス色(←おかしな表現ですね・・・)など色とりどり
できれいな色の写真が撮れる季節です。

c0168669_1321517.jpg


明るい中での色モノの撮影は色が濃くなりすぎてしまって結構難しいですね。本当はレフ版などで補助光源を作りたい感じなのですがメジロなどの野鳥が絡んで来ると逃げてしまうのでそういう訳にもいきません。

c0168669_1304275.jpg


ちょっと「濃い」かな。と思います。この「濃さ」なのですが調節するには2つの方法があり、仕上がりも異なりますのでお好きな方で決定して頂ければと思います。

まずはコントラストで調節する方法です。

c0168669_1352921.jpg


コントラストを弱めて色を抑える方向に仕上げました。立体感は少し弱くなりますが見た目のギラつきが抑えられています。柔らかい感じになりますね。

c0168669_1364320.jpg


次に彩度を使って調整する方法です。

c0168669_13193331.jpg


彩度を少し弱くしてシャドー部の締まり具合など、立体感をキープしながら全体的な色味を抑えました。
あっさりした仕上がりになりますね。

c0168669_13114646.jpg


今回の写真では私の好みでいうと、色味はできるだけ残したかったので最初のコントラストで調整した方が好みなのでこちらを採用しました。
このように色の濃さを調節する際にはこの2つを試して頂いてお好きな方に決めていただくのもよろしいかと思います。

【ワンポイント】
慣れてきたら彩度とコントラスト2つのバランスを見ながら調節するともっと細かな調整もできるのでお試しください。

(編集:横山)
[PR]
by silkypix | 2009-03-03 13:20 | 被写体別現像例(花)

菜の花などの黄色い花の現像

先日近くの川沿いのサイクリングロードを散歩していた時に川の土手に菜の花がたくさん咲いていました。そこあった看板を見ると近くの小学生達が種を撒いたものだそうです。それを見にたくさんの人がきていましたし、ミツバチも飛んでいました。地元のお子様たちのこういう活動が成果を結んで良かったですね。なんとなく微笑ましいです。

今回は菜の花のような黄色い花の現像についてです。
黄色い色の中でも菜の花のような鮮やかな黄色は露出の決定が難しい被写体だと感じました。
まずはカメラのAE任せで撮影したもので露出補正は「なし」のものです。

c0168669_15372141.jpg


少し花の黄色がくすんだように見えます。色のヌケが良くないと申しましょうか。

c0168669_15373727.jpg


SILKYPIXで現像時にプラス補正を行いました。黄色が鮮やかになりました。
このように菜の花などの黄色は色味自体が露出に影響を受けやすい特徴を持っています。

下のグラデーションは各色の暗部方向へのグラデーションをシミュレートしたものです。
c0168669_15101798.jpg


他の色に比べて黄色が一番早く濁って見えるのではないかと思います。
ですので少しアンダー気味になってしまうと写真自体もくすんで見えてしまうのかも知れないですね。

菜の花の撮影や現像を行う場合は露出の決定が一つのポイントですね。

(編集:横山)
[PR]
by silkypix | 2009-02-24 15:16 | 被写体別現像例(花)

チューリップの色飽和を抑え仕上げる

梅の花も咲き始め、暖かい地域では路地モノの花のお便りもちらほら聞こえてきています。暖かい日差しの中、色とりどりの花が咲き始めると自然とカメラを向けてしまいます。
私は昨年チューリップを少し撮りました。形や色など種類も様々で植え分けられている花壇などはファインダーを見ていても綺麗です。

しかしこの時期、強いトップライトの下チューリップを撮ると、もともと鮮やかなチューリップのコントラストや彩度が強調され色が飽和し階調がなくなってプラスティックのような質感になってしまうことがあります。

c0168669_16561992.jpg


色が飽和していると花弁の部分だけリアリティがなくなってしまい、画面の中で浮いた感じになってしまいます。特に赤の透過光に近いチューリップは飽和しやすい被写体です。

c0168669_16592412.jpg

ファインカラーコントローラで赤の彩度を落とし、色の飽和を抑制しました。また、明度も調整し、彩度低下による色のヌケを抑えました。色が飽和した部分の階調を調整により引き戻すことができるのもRAW現像の特徴ですね。JPEGからレタッチで調整してもクリップしてしまった部分はそれ以上の情報が無いので階調は出てこないと思います。

c0168669_171089.jpg


ファインカラーコントローラは特定の色の「色相・彩度・明度」をコントロールする機能です。
鮮やかなお花の撮影にもとても役に立つ調整機能ですね。

今回は飽和した部分の階調を引き戻すのに使用しましたが、逆に鮮やかにすることも可能です。


(編集:横山)
[PR]
by silkypix | 2009-02-03 17:08 | 被写体別現像例(花)
|