SILKYPIX BLOG

/ silkypix.exblog.jp

RAW現像ソフトSILKYPIXオフィシャルブログ

カテゴリ:被写体別現像例(夕日)( 3 )

「デジタルクロスプロセス」を夕景に使用してみる

昨日公開致しました、
アートテイスト企画 創像 第3回 「デジタルクロスプロセス」テイスト全4色

http://www.isl.co.jp/SILKYPIX/japanese/special/arttaste/contents/003/

は、色々な色調が折り重なる夕景に適用すると、とても楽しむことが出来ます。
本日は、元画像から、4色のテイストを適用後どのように変化するか見て頂きたいと思います。
まずは、撮影したままの元画像です。
c0168669_18224323.jpg

実はこの画像、アートテイスト企画 創像 のトップ に掲載の画像を撮影した際に、後ろを
振り返って撮影した一枚です。

では、まず「DCPブルーグリーン」
c0168669_1823771.jpg

続いて「DCPグリーン」
c0168669_18243539.jpg

「DCPレッド」
c0168669_18251019.jpg

「DCPイエロー」
c0168669_18254114.jpg


同じ空ですが、全く違う印象をもった写真になりました。
その日、撮影時の気分を反映させて、お好みの表現を選んでみるというのは、如何でしょうか?

(編集:音羽)
[PR]
by silkypix | 2009-08-04 18:38 | 被写体別現像例(夕日)

夕日のホワイトバランスと水面の調子

会社の近くの干潟には野鳥観察センターがあり、野鳥撮影初心者の私はそこへ行って、居合わせたベテランの方々やバードウォッチャーの方々から色々教えていただいています。今はシギの種類が来ているようでした。そんなこんなで撮影していますとどこからかカモが飛んで帰って来ました。
夕日の照り返しが美しい水面に降り立つ所を撮影できました。

c0168669_2129181.jpg


撮影時のオリジナルです。カモが少し影絵っぽくなっていたのと水面の波をもう少し強調したかったので調子を軟調にしてみました。

c0168669_21331958.jpg


c0168669_21373097.jpg


軟調にする事でコントラストが下がり波の柔らかなディテールが滑らかになりました。今回は水のキラキラした感じよりもトロトロした感じが出せればと思いこの設定にしました。

c0168669_2139688.jpg


さらに一味加えてホワイトバランス微調整でオレンジ~赤を強調しました。

c0168669_21404620.jpg


ホワイトバランス微調整は指定した色のレンズフィルターを付けたような効果を得ることができます。
今回はの写真ではあんまり強くしすぎると嫌味な感じになってしまう可能性がある為この位で決めました。

シーンによっては少し強めに設定してトワイライトフィルターのような効果を狙ったりすることもできますが、この辺は皆様の個性が出そうな所ですね。

(編集:横山)
[PR]
by silkypix | 2009-04-04 21:48 | 被写体別現像例(夕日)

ハイライトコントローラで夕日の色を復元する

日が長くなってきて夕日がオフィスに差し込む時間帯になると撮影に行きたい気分になってしまいます。昨年は東京湾越しにダイヤモンド富士を撮影しましたが、夕日そのものが光源で真逆光なので条件的には結構キツイ被写体でした。富士の裾の方は雲で隠れてしまっていましたが山頂付近は何とか現れてくれてコンディションは良くないものの一応撮影できました。

c0168669_19334040.jpg


富士山の向こう側に太陽が沈んだ直後の状態なのですがそれでも明るすぎて色が抜けてしまいました。これ以上露出を下げると空までドス黒くなってしまいあんまり好みではありませんでしたので撮影時にこの露出で決定しました。

c0168669_19364447.jpg


白くなってしまった部分の色を再現する為にハイライトコントローラで調節を行いました。
ここでは白く抜けてしまった部分の色を再現させるのが目的です。
ですので、色彩重視・彩度重視の設定としました。

c0168669_1938945.jpg


白く抜けてしまった部分の色が再現できました。
RAWデータは画面で見えている以上のハイライト情報を持っています。ですので白とびしているように見えている部分でも実際は情報が記録されている事があります。但し、RGBの画素のうちいずれかが先に飽和してしまっている部分ですのでそのままではカラーバランスが崩れている可能性があります。そこで白く抜けてしまった部分の情報を使い色を再現する場合には、階調(グラデーション)重視できれいに飛ばしていくのか、またはどの程度色を再現するのかを皆様が決める必要があります。

【ワンポイント】
ハイライトコントローラの「色彩~輝度」スライダーでは・・・
色彩→ハイライトの色を重視し色を再現させます
輝度→ハイライトの明るさを重視しナチュラルに飛ばします

夕方の光が暖かくきれいな季節ですので積極的に夕日を入れた逆光撮影をRAW現像と併せてお楽しみください。

(編集:横山)
[PR]
by silkypix | 2009-02-17 19:49 | 被写体別現像例(夕日)
|