SILKYPIX BLOG

/ silkypix.exblog.jp

RAW現像ソフトSILKYPIXオフィシャルブログ

<   2009年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ライティング

今日の写真はテクノガーデンビルの中央、ピアノとカフェの設置されたアトリウムの上にあるラウンジです。
普段は朝や昼に訪れて休憩するところですが、先日帰り際に通ったところ、
日中とは違う顔を見せていたので写真に収めてきました。

c0168669_12291734.jpg


日のあるうちは白い壁と天井のシンプルな場所なのですが、
照明のライトがつくと一変して、キラキラととても綺麗な空間になっていました。

線路を走る電車の窓の明かり、道路に並んだ電灯と車のテールランプ、
高いところから見下ろす都心の町並みなど、人工物はどれも夜が綺麗だと思います。
逆に自然は日中のほうが綺麗ですね。

別のカットをアートテイスト企画「創像」から「芥子色」で現像してみました。
テイストをかけた後にトーンカーブなどで調節しています。

c0168669_1240142.jpg


これからも夜の人工物を撮影していきたいと思います。


(編集:ノロP)
[PR]
by silkypix | 2009-07-15 12:43 | 今日の一枚

がじゅまる

c0168669_16392861.jpg


梅雨明けしましたね!
冬の間に少し元気が無い様に見えたがじゅまるですが、やはり南国の木だからでしょうか?
最近小さな葉っぱが出てきたり、生き生きしてきたような気がします。暑くなってきて、土が
乾くのが早いので水をあげるのを忘れないようにしないといけませんね。
本日はきれいな青い空が広がっています。夏っぽい写真を今年は撮れれば良いと思ってい
ます。その第一弾と致しまして本日地元で夏祭りがあるようですのでできるだけ仕事を早く
終わらせて行きたいと思っています。

(編集:横山)
[PR]
by silkypix | 2009-07-14 16:44 | 今日の一枚

水の質感表現について

今日は、RAW画像とJPEG画像の比較と、
SILKYPIX Developer Studio Pro 版のみに付いている機能、
「自動覆い焼き」機能について、実際自分が撮影し検証してみた事を
ご紹介させていただきます。

「自動覆い焼き」機能とは、白とびや黒つぶれが発生しやすい輝度差の
激しい被写体において、人間の視覚に近い写真表現が可能になるツール
です。スライダを動かす事によって、白く飛んでしまっている部分、黒
くつぶれてしまっている部分に、RAWデータが記録している情報の範囲内
でディティールが現れます。

今回、小さな滝の落ち込みを撮影してみました。
デジタルカメラの設定で、RAW画像とjpeg画像(最大サイズで設定)を同
時記録するモードで撮影し、下の画像がjpegモードの画像になります。
c0168669_1652470.jpg

かなりしぶきを表現できていますが、真ん中のあたりが白く飛んでしまっ
ています。この画像を露出補正で少し暗めに調整したのがこの画像です。
c0168669_1655531.jpg

多少ディティールが出てきましたが、露出を暗めに調整することで周りも
暗くなりすぎてしまいました。
次はRAW画像で調整してみます。
まずはRAW画像撮影したままの状態です。
c0168669_1681754.jpg

そこで、RAW画像を「自動覆い焼き」機能を使用し、画面を見ながら数値を
80に調整します。
c0168669_1684624.jpg


白く飛び気味だった部分に階調が出てきます。ただ、周りが明るくなってし
まったので、調子の項目の中にある黒レベルのスライダーを調整し、30に
設定します。
c0168669_1693046.jpg

jpeg画像と比較して頂けるとお分かりになると思いますが、RAW画像の情報の
多さの恩恵と、「自動覆い焼き」機能によってかなり精密に、そして白く
飛んでしまっている部分もかなり少なくなったことが確認できると思います。
また、細かなディティールについても、RAW画像の方がリアルに表現できている
事がわかります。

もし撮影時に厳密な露出調整が出来なかったとしても、RAW画像で撮影しておくと
安心ですね。そして「自動覆い焼き」機能、とても便利で重宝する機能ですので、
是非一度ご体験して頂ければと思います。SILKYPIX Developer Studio Pro 版、
30日無料体験を実施しておりますのでよろしくお願いいたします。

SILKYPIX Developer Studio Proスペシャルサイトはこちらです。
http://www.isl.co.jp/SILKYPIX/japanese/special/dsp/

(編集:音羽)
[PR]
by silkypix | 2009-07-13 16:22 | 機能紹介(覆い焼き)

シャープネスの設定例

本日はSILKYPIXでのシャープネスの設定につきまして、私の設定方法の一例をご紹介させていただきたいと思います。ここでご紹介する以外にも様々なアプローチがございますので、参考としてご覧いただければと思います。特に、RAW現像初心者の方はぜひ一度お試しください。

c0168669_17552825.jpg


ワンちゃんが海で水遊びをしている写真です。赤い四角の部分がピント面となっています。(目にピントが来ていませんでした・・・)

その部分を100%~200%に拡大します。

c0168669_17583385.jpg

シャープネスがデフォルト(初期設定)では少しぼやけた感じがしますね。

c0168669_180274.jpg

思いきってシャープネスの輪郭強調を最強にしてみましょう。
こうすることでどの部分にシャープが掛かるかが判りやすくなります。
強く掛けているためにシャープの効きの良い部分は輪郭が現れますね。
この輪郭に着目してください。

c0168669_184510.jpg

今度はこの輪郭が消えるまで輪郭強調を下げていきます。輪郭が消えるかどうかと言う所でスライダーを止めてみてください。そこをこの写真のシャープネスの最大値と考えます。(逆にこれ以上上げると輪郭が出てしまうという部分)
あとはノイズ等の量などを見ながらお好みでマイナス方向に調節して頂ければと思います。

c0168669_189423.jpg



(編集:横山)
[PR]
by silkypix | 2009-07-10 18:12 | 機能紹介(シャープ)

アートテイスト「創像」から「芥子色」と「冷黒軟調」を使用しました

以前行った山梨県では、桃狩りだけでなく河口湖ハーブフェスティバルに行ってたくさんのラベンダーやいろんな花を見てきました。他にも宝石工場に行って宝石やトルマリンなども見ることもできました。そこでもたくさん写真を撮ったので、その写真で今回は先日公開したSILKYPIXテイスト無料ダウンロードサイト「創像」から「芥子色」と「冷黒軟調」を使用しました。

芥子色
c0168669_13324075.jpg


冷黒軟調
c0168669_13325678.jpg


テイストを適用するだけなので、とても簡単ですし、それぞれ雰囲気が全然違うので使用している間も楽しむことができました。是非皆さまもご使用ください。

(編集:はるか)
[PR]
by silkypix | 2009-07-09 13:35 | 今日の一枚

アートテイストから「冷黒硬調」を使ってみました

先日、SILKYPIXテイスト無料ダウンロードサイト「創像」が公開されました。
今日はその中から、モノクローム印画紙風の「冷黒硬調」というテイストで現像してみました。

テイストをかける前がこちら。

c0168669_15495085.jpg


高架下の駐輪場です。
やや斜めになっていたので角度を調節し、インポートした「冷黒硬調」をかけました。

c0168669_15503922.jpg


コントラストが印象的になりました。
簡単に写真の雰囲気を変えられる「テイスト」、是非お試しください。

(編集:ノロP)
[PR]
by silkypix | 2009-07-08 15:58 | 今日の一枚

アートテイスト「モノクロ印画紙風」を使ってみました

先日公開したSILKYPIXテイスト無料ダウンロードサイト「創像」から本日は「モノクロ印画紙風」テイストをご紹介したいと思います。アートテイスト企画ではプリントすることを強く意識してテイストを作成しました。このモノクロ印画紙風テイストももちろんそうなのですが、プリントする紙白の違いによってもだいぶ雰囲気が変わって来ます。最近では光沢や絹目調以外にもアート系のインクジェット用フォトペーパーも出てきておりますので写真の雰囲気に合わせてテイストと紙の組み合わせで考えてみるのも面白いのではないかと思います。

温黒硬調
c0168669_10505111.jpg


温黒軟調
c0168669_10515533.jpg


冷黒硬調
c0168669_10524472.jpg


冷黒軟調
c0168669_10531069.jpg


用紙につきましても「創像」でご紹介できると思いますのでお待ちください。

(編集:横山)
[PR]
by silkypix | 2009-07-07 10:54 | ご案内

SILKYPIX アートテイストサイト「創像」、公開しました!

SILKYPIXは本日から、アートテイストサイト「創像」を公開しました。

http://www.isl.co.jp/SILKYPIX/japanese/special/arttaste/

当サイト「創像」では、SILKYPIXで使用できる「テイスト」を無料ダウンロードできる
スペシャルなサイトです。
既にSILKYPIXを使用していただいている方は、ご存知だと思いますが、まだ未使用
の方で、「テイスト」とはなんぞや?と思われている方へ簡単な説明を致します。

「テイスト」とは、特定のイメージにする為、各パラメータを調整し設定済みの数値を記
録したファイルです。要は「テイスト」を選ぶだけで、特定のイメージにする事が出来る
とっても簡単で楽しいファイルなんです。
使用方法は「テイスト」をダウンロードし、そのファイルを SILKYPIXメニューバー→
テイストの編集→パラメータ系テイストの編集→インポートを選択、読み込みます。
後は、選んだ写真にお好みのテイストを適用するだけです。

詳しい説明はこちらをどうぞ。
http://www.isl.co.jp/SILKYPIX/japanese/special/arttaste/contents/install/

今月は第1回ということで、「日本の伝統色」テイストと「モノクローム印画紙」の2タイトル計9種
のテイストを一気に公開しています。まだSILKYPIXをお持ちでない方でも、無料体験版(30日間無料)
にてお試し頂けます。ぜひ一度使ってみてください!

早速、私も使用してみましたので、一つの参考にして頂ければと思います。
今回は、「日本の伝統色」の5種を使ってみました。

藍色(あいいろ)
c0168669_16142926.jpg


浅葱色(あさぎいろ)
c0168669_16152426.jpg


芥子色(からしいろ)
c0168669_16155097.jpg


柿渋色(かきしぶいろ)
c0168669_16163369.jpg


茜色(あかねいろ)
c0168669_16174577.jpg


(編集:音羽)
[PR]
by silkypix | 2009-07-06 16:22 | ご案内

山梨県の桃狩り

休日山梨県に桃狩りに行ってきました。この次期は旬な果物も多いので良いですよね。
甘そうなのを見つけて、自分で剥いて食べることが出来るのが桃狩りの楽しいところです。

c0168669_12342886.jpg


おいしそうな桃を写真に撮りたかったのですが、人が多いのと桃の木がたくさんあるのとで、場所を選んで撮影することが出来なかったため、暗い写真になってしまいました。
ここで桃にあわせて露出をあげると空や日が当たって明るめに撮れていた葉の部分が飛んでしまうので、「覆い焼き」機能を使って、桃の部分を明るくしました。大きくておいしそうな桃がわかるようになりました。

c0168669_12344014.jpg


これからはぶどうやさくらんぼも旬な時期なので、また行きたいと思います。

(編集:はるか)
[PR]
by silkypix | 2009-07-02 12:36 | 今日の一枚

夕暮れ時

まだ秋ではありませんが、夕暮れが綺麗です。
まだ夏至を過ぎる前に、駅から見えたビルを撮影しました。

c0168669_1129441.jpg


やや斜めな気がしたので回転で少し左に倒し、見上げて撮影したために台形型になっていたので上下シフトで上側を拡げ、ディストーションの歪曲率で若干内側へへこませました。

次にコントラストをやや強め、中心を弱に振り、彩度をやや上げました。
そうすると夕日の鮮やかさが上がるとともに、ホームの黄色っぽさも強くなったので、ファインカラーコントローラで黄緑色の彩度をカット、また椅子やの案内板の赤が悪目立ちしていたので、オレンジの彩度もややカットしました。

そして手前の太い電線を、スポッティングツールで削除しました。

c0168669_12314632.jpg


夕日の色合いは綺麗なので、これからも夕暮れ撮影を続けたいと思います。


(編集:ノロP)
[PR]
by silkypix | 2009-07-01 12:21 | 今日の一枚
|