SILKYPIX BLOG

/ silkypix.exblog.jp

RAW現像ソフトSILKYPIXオフィシャルブログ

<   2009年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

SILKYPIX写真部通信 第3回 テスト撮影よもやま話

c0168669_19334963.jpg


毎週一回は「SILKYPIX写真部通信」をお届けいたしております。「SILKYPIX写真部通信」では普段、作例などの撮影を行っているSILKYPIXスタッフが旬の話題について対談形式で進行していきます。
私達が撮った写真を中心に、現像、プリントから額装まで写真にまつわることを色々ご紹介できればと考えております。

はじめに「SILKYPIX写真部」のレギュラー部員をご紹介させていただきます。

○写真部 部長 横山
本来は街を中心としたスナップ写真を撮っていましたが、最近は鉄道や野鳥など専門的な撮影を勉強中です。

○写真部 副部長 音羽(おとわ)
若かりし頃は、物撮スタジオで修行した経験があります。
現在は子供の写真を撮る傍ら、また自分の写真を撮り始めました。


横山(以下、横):今回はテスト撮影についてですが、主にこれは新しいカメラへ対応するための撮影となります。

音羽(以下、音):ええ。実に多くのカメラで、様々な光源を用いてテスト撮影をしていますね。

横:はじめなので、まずカメラ対応について簡単にご紹介させていただくとRAWデータはカメラ毎に異なる独自の形式で保存されているファイルです。その為、そのままだと写真として見ることができません。そこでカメラ毎にRAWデータを正しく表示できるようにする事を「カメラ対応」と弊社では呼んでいます。

音:と言うことは、「カメラ対応」をしないとRAWデータを写真として見ることが出来ないと言うことですね?

横:そうですね。基本的にはOSでも閲覧できませんしRAWデータに対応したソフトウェアが必要となりますね。その為、SILKYPIXのユーザー様にはできるだけ早くご提供できるように努力しています。

音:僕の入社以前も含めて、カメラ対応にまつわる大変だったエピソードなどありますか?

横:そうですね。テスト撮影は「マクベスチャート」と呼ばれている24色のカラーチャートを様々な光源で撮影するのですが、「電球や蛍光灯、ストロボ」などと言ったスタジオで撮れるものに関しては一定の条件で撮影できます。しかし、「晴れ、曇り、日陰」などは天候に左右されるので天気がとても気になります。
特に梅雨時期や、ちょうど今時期ですが秋の長雨の時期などはナーバスになります。

音:むむ、これから新製品ラッシュですが。テスト撮影の日には天気が良いことを祈りましょう。テルテル坊主必須ですね。

横:スタジオの中で「晴れや日陰」をシミュレートできればいいのでしょうけど、やっぱりそれは無理です。
例えば太陽と完全に同じ色温度の光源があったとしても本物のフィールドとは異なるでしょうね。

音:なるほど。やっぱり本物の太陽光源とは違いますよね。商品のコマーシャル撮影においても、例えば初夏に売りだす為の広告は春に制作する場合が多いのですが、春先は天気が不安定でロケが出来ない場合などが多く、やむなくスタジオ撮影になり、「初夏のような日差しで!」というオーダーが入った場合など、とても苦労していた事がありました。

横:あと空の青が決定的に違います。スタジオの光源の日陰って青かぶりしないでしょ?

音:しないですね。そこをちゃんとクリアしないと正確なホワイトバランスがとれないという事ですね。ホワイトバランスの初期設定項目が、実に24種のバリエーションから選べるところで、ユーザー様から評価頂いているのも事実ですね。

横:日陰の青かぶりは空の色を反射して起こるそうです。皆様に快適に使っていただけるように本物の光源にこだわっています。時間帯も午前11時位(季節によって多少ずれますが)が良いですね。

音:午前の天気が勝負ですね。特に冬場は午後の早い段階から黄色っぽくなってきますし。一種の職業病的ですが、夕焼けを見て「色温度低いな。」などどつぶやいたりすることありませんか?

横:だいたい何ケルビンだか予想したりとかはしてしまいますね。デパートの照明とかも。病気です。
あとはカメラの操作関連なのですが、色んなカメラの設定をしなければならないので最初はいつも戸惑いますが、よく考えてみると昔(フィルムの頃)から「作法」みたいなものがあるカメラは良くありましたよね。
例えばローライ35のフィルムの巻き上げ方とか。それに比べればデジカメは親切に表記されていると思って使うようにしています。音羽さんのmakina67なんかにも癖ありませんか?

c0168669_19412332.jpg

音:蛇腹レンズを引き出さない状態でピントリングを回すと壊れるとか。あと、レンズ側についているISO感度設定のリングが回しにくく、爪が剥がれてしまう事があるなど。作法っていうのと少し違いますかね。

横:最近ではRAWのモードも増えてきていますので一つのカメラでもテストしなければならないパターンも増えてきています。例えば圧縮RAWとかbit数を選べたりできるのもありますね。そうすると組み合わせで一気に撮影枚数も増えることになりますが頑張ろうと思います。

音:確かに、カメラ1機種でかなりのテストカットを撮影する場合がありました。
自分も頑張って行きたいと思いますので、ご教授宜しくお願いいたします。

横:皆様も「ちょっと対応が遅れたな?」と思った時は千葉の天気を確認してみてください。もしかしたら雨や曇りの日が続いているかも。それでもしばらく晴れそうにも無い場合にははれている場所を探して行ってくるかもしれません。

音:市川ソフトと同ビル内にある「ウェザーニュース」様のweb内にある各地のライブカメラ映像は重宝しますね。
それでは、次回は来週10月7日(水)を予定しています。10月5日(月)は、創像第5回公開を予定していますので、お楽しみにして頂ければと思います。

横:次回は私達横山と音羽がRAW現像を行うようになったきっかけをご紹介したいと思います。

音:はい。今週もお読み頂きまして有難うございました。ではまた来週。
[PR]
by silkypix | 2009-09-30 19:44 | SILKYPIX写真部通信

こんな日もあったりします

最近、いろいろと書きたいテーマはあるのですが、どうもちょうどいい写真が撮れずに悩んでいます。
悩みに悩んだ末、「こんな日は、すっぱりあきらめておいしいものでも食べに行こう」と現実逃避した結果がこの写真です。

c0168669_184843.jpg


ベーコンエッグの乗ったワッフルです。かなりボリュームがあり食べ応え満点でした。
ちょっと遅めの朝食といった光の感じを出すために低めのアングルから撮影してみています。

c0168669_1883247.jpg


一枚ではちょっと物足りなかったので次はオーソドックスにデザートワッフルです。
こちらは、生クリーム部分の階調をなくさないためにかなりアンダーで撮影して、SILKYPIXで覆い焼きなどを使って明るく仕上げています。

おいしいものを食べて、パワーを充電して来週は頑張ります。
なお、明日は横山・音羽コンビによる写真部通信第3回をお送りする予定です。ご期待ください。

(編集:田辺)
[PR]
by silkypix | 2009-09-29 18:18 | 今日の一枚

バースデイケーキ

一昨日、今週に誕生日を迎える娘のお祝いの為、コストコ幕張店(市川ソフトラボラトリーに至近です。)というアメリカ発祥の大型ショッピングセンターでバースデイケーキを購入しました。
以前、友人の家からコストコで購入したケーキをお裾分け頂いた事があり、その大きさと可愛さに魅了された娘たっての希望で購入と相成りました。
c0168669_14541016.jpg

このケーキ、2千円台前半と比較的安価でこの大きさ、また味の方も美味しいのですがとても甘く、一家族で食べられる量ではありませんのでやっぱりご近所へお裾分けすることになりました。
c0168669_14545784.jpg

クリームがカラフルです。なぜかこどもにはブルーのクリームが大人気。

下の画像、人物が暗く写ってしまっています。
c0168669_14554666.jpg


露出を1段明るく調整しました。
c0168669_14565668.jpg

人物の顔はまだ暗く、またケーキが白とびしてしまってディティール感が失われてしまい
ました。
このような場合は「覆い焼き」をうまく活用します。
露出補正を0.3段に抑えて、覆い焼きを80に調節します。
c0168669_14573020.jpg

露出のみを調節した時に比べてコントラストも抑えられ、自然な印象の写真になりました。(ヒストグラムの移行にもご注目ください。)

暗い部分が明るくなり、明るすぎる部分に階調が戻ってくる「覆い焼き」はRAW現像調節機能のマストアイテムです!
(補足:RAWデータであれば、ある程度白とびや黒つぶれしてしまっている部分の階調を復元する事ができます。ただし、露出がオーバー過ぎる場合には復元出来ませんので、ご注意ください。)



(編集:音羽)
[PR]
by silkypix | 2009-09-28 14:59 | 機能紹介(覆い焼き)

横浜・八景島シーパラダイス

皆さまシルバーウィークはどこか行かれましたか?私は横浜・八景島シーパラダイスに行ってきました。
横浜・八景島シーパラダイスといえば、水族館にアトラクションなのですが、この日はお天気も良く八景島駅からシーパラダイスに向かう道でも思わず写真を撮りたくなる景色がたくさんありました。

c0168669_11312182.jpg


木陰と海のコントラストが素敵で撮影しました。真ん中に見える雲の形もおもしろくて、良く見ると亀のような、ラッコのような形に・・・見える気がします。

c0168669_11313529.jpg


海ではヨットやクルーザーもたくさん出ていて、キラキラ光る海にとても似合っていました。時間がゆっくりと流れる感じはとても癒されますね。

他にもイルカや乗り物などもたくさん撮影したので、またご紹介したいと思います。
シルバーウィークで楽しんだ思い出を写真を現像しながら思い出してみるのもいいですね。

(編集:はるか)
[PR]
by silkypix | 2009-09-25 11:34 | 今日の一枚

SILKYPIX写真部通信 第2回 音羽流RAW現像法シルバーウィーク編

c0168669_15536100.jpg


毎週一回は「SILKYPIX写真部通信」をお届けいたしております。「SILKYPIX写真部通信」では普段、作例などの撮影を行っているSILKYPIXスタッフが旬の話題について対談形式で進行していきます。
私達が撮った写真を中心に、現像、プリントから額装まで写真にまつわることを色々ご紹介できればと考えております。

はじめに「SILKYPIX写真部」のレギュラー部員をご紹介させていただきます。

○写真部 部長 横山
本来は街を中心としたスナップ写真を撮っていましたが、最近は鉄道や野鳥など専門的な撮影を勉強中です。

○写真部 副部長 音羽(おとわ)
若かりし頃は、物撮スタジオで修行した経験があります。
現在は子供の写真を撮る傍ら、また自分の写真を撮り始めました。


横山(以下、横):本日は第二回目と言うことで作例を基にお話を進めさせていただきたいと思います。
ちょうど良く時期もシルバーウィークという事でしたが音羽さんはどこかに行かれましたか?

音羽(以下、音):ニュースで高速道路の渋滞情報を見て、遠出する気がなくなり、船橋市近郊で過ごしました。子供と干潟で遊んだり、空地でバッタを採ったり。もちろんカメラ持参です。

横:お子様が一緒だとさすがに無茶なスケジュールとかも組みづらいですからね。近くの自然を見つけて遊ぶのも楽しいですね。休み中の千葉近郊は天気の良い日も多く、良い写真たくさん撮れたんじゃないですか?

音:ファミリーポートレイト的な写真ばかりですが。
下の写真は、まさに空地でバッタを採った直後の写真です。
撮影したままのRAW画像をそのまま現像した状態がこちらです。

《調整前》
c0168669_15413921.jpg


横:大きなバッタを捕まえましたね。捕ったどー!と自慢げに見えます。自分が子供のころが懐かしいです。私も当時はたくさん捕ってました。ところでこの写真はこれで良い様に見えますがどのよううに仕上げていくのでしょうか?

音:まず、少し暗い印象があるので露出を0.5段ほど明るくします。
次にホワイトバランスですが、全体的に色温度が低めで赤っぽくヌケが悪いので調整、ドロップダウンリストからSILKYPIX AUTO設定を選択すると、適確なホワイトバランス設定になりました。

横:確かに明るく爽やかな雰囲気になりますね。風になびいている前髪などの雰囲気も調整後の方が当時の雰囲気を感じると客観的に見て思いました。
ちょっと気になったのですが「適確なホワイトバランス」と言っていますが、音羽さんにとっての基準みたいなものはあるのでしょうか?
見方によっては夕方の雰囲気は調整前の方が強く出ていると思うのですが。その辺り私も興味があるのでぜひ聞かせてください。

音:そうですね、今回の写真に限って言うと、子供の肌の色を綺麗に表現したかったですね。
適確なホワイトバランス、たしかに撮影時の状態が正しいのはもっともですが、毎回臨機応変に調整するというのが正直なところです。やはりRAWモードで撮影するメリットは、撮影後の調整が自在というのが大きな魅力ですね。RAW撮影だと撮影時に設定しなければいけない項目が少ないので、シャッターチャンスと構図に集中できる。

横:やっぱり親目線での仕上げ方という事でお子様が主題なんですね。撮影者がちゃんと最終仕上げまできちんと行えるのもRAW現像の魅力ですよね。撮影時と同じくらい主観も入れられますし、人それぞれの作画意図が出るところでもありますね。その他調整した部分はありますか?

音:空のブルーと、草むら&バッタのグリーンを少しだけ鮮やかにしたいと思い、ファインカラーコントロールでブルー・グリーンの色相の彩度を上げました。この機能はとっても便利で、様々な場面で重宝しますね。下の写真が調整後現像した写真です。いかがでしょうか?

《調整後》
c0168669_15462217.jpg


横:ファインカラーコントローラは私もたまに使う機能です。撮影条件によっては空が紫色っぽくなってしまったり、緑が黄色くなってしまったりすることもあるのでその微調整にという具合で使っています。デジタルカメラって可視光線(目に見える光)以外の波長も捉えてしまう場合があるのでそんなものも影響があるのかな、と考えていますが。
あと、水平垂直をあえて斜めにしていますよね?これで動きが出て良いなと思ったんですよ。RAW現像時に回転させて直すこともできるのでしょうけど、敢えて撮影時の雰囲気を残す為に「補正しない」事もRAW現像時のポイントの一つでしょうね。

音:確かに、なんでも約束事のように補正してしまうと全て同じような写真になってしまいますよね。
今回、傾いたフレーミングなのは、「大物が採れた!」っていう突発的偶然性?のような、言葉でいうと陳腐になってしまいがちですが、なんていうか驚き喜びを表現したかったのかな。説明になりましたかね?

横:音羽さんがお子様と一緒に喜んでいるのが伝わってきます。
次回のテーマはどうしましょう?

音:そうそう。親の方が喜んでます!
さて次回は、テスト撮影についてなんていかがでしょうか?

横:テスト撮影は色々苦労もあるのでお話できるところはしたいと思います。次回は通常通り9月30日水曜日ですね。

音:はい。今週もお読み頂きまして有難うございました。ではまた来週。
[PR]
by silkypix | 2009-09-24 15:58 | SILKYPIX写真部通信

「ハードモノクローム グレートーン」を使用してみました

もうすぐ連休ですね。台風が少し気になりますが、今の時期は過ごしやすいのでたくさん出かけて撮影も楽しみたいと思っています。

今回はアートテイスト創造から「ハードモノクローム グレートーン」を使用してみました。

ハードモノクローム グレートーン
c0168669_1338089.jpg


水に映った橋の影が円を作りきれいだったので、思わず撮った写真です。「ハードモノクローム グレートーン」を使用することで、より映った橋の影に存在感が出たと思います。

c0168669_13382276.jpg


こちらは元画像なのですが、水には橋だけでなく、建物や青空も映っていてとてもきれいだったので、そちらも表現したくてカラーにしました。

モノクロもカラーも写真の表現がまったく変わるので、写真の見せたい部分に合わせて選ぶのも楽しいですね。

(編集:はるか)
[PR]
by silkypix | 2009-09-17 13:39 | 今日の一枚

SILKYPIX写真部通信 第1回 我々も、一(いち)SILKYPIXユーザーで、一(いち)写真愛好家です!

c0168669_17182075.jpg

本日より毎週水曜日は「SILKYPIX写真部通信」をお届けいたします。「SILKYPIX写真部通信」では普段、作例などの撮影を行っているSILKYPIXスタッフが旬の話題について対談形式で進行していきます。
私達が撮った写真を中心に、現像、プリントから額装まで写真にまつわることを色々ご紹介できればと考えております。

はじめに「SILKYPIX写真部」のレギュラー部員をご紹介させていただきます。

○写真部 部長 横山
本来は街を中心としたスナップ写真を撮っていましたが、最近は鉄道や野鳥など専門的な撮影を勉強中です。

○写真部 副部長 音羽(おとわ)
若かりし頃は、物撮スタジオで修行した経験があります。
現在は子供の写真を撮る傍ら、また自分の写真を撮り始めました。


音羽(以下、音):横山さん、最近はほーんと写真撮ってますね。仕事の作例写真から、プライベートの写真まで。レインボーブリッジ→東京タワー→そして深夜の高感度撮影といった強行軍だったり。

横山(以下、横):ここ何年かはずっとカメラ持ち歩いていますからね。携帯電話を家に忘れた時ってなんだか落ち着かない感じがするじゃないですか?カメラを持っていないとそんな感じがするようになってきました。

音:確かに我々は通勤時もカメラバックですね。何か良い被写体を見つけると、「あ、SILKYPIXのあの機能の作例紹介に良いかも!」というのが良くあったりしますし。

横:まず私達がたくさん撮影して、実際現像してみない事にはSILKYPIXの機能や特徴などをお伝えすることはできないですからね。そういった意味では、現像している時には私もスタッフという感覚ではなく一SILKYPIXユーザーとして使っています。

音:まさにそうですね。自身で楽しむからこそ、更なる要望なども挙がってくる。

横:画面の配置や設計なども社内にいる写真好き同士で議論を進めたりしていますね。
SILKYPIXは、ほぼ自社で開発しているので、ユーザーの皆様や私達の意見など積極的に取り入れて育ってきているのも魅力のひとつですね。そういった意味ではこのようなBLOGやSILKYPIXウェブサイトの掲示板などを通じて皆様の写真を拝見するのもとても勉強になります。

音:えぇ。勉強になりますし、いつも驚かせてもらっています。逆にSILKYPIXの良さを再発見させて貰ったりしますね。「凄いディティール感だ!」といった感じで。

横:ところで、最近音羽さんはどんな写真を撮られていますか?

音:最近はスナップ中心ですね。あと家族写真。現在長く続けられるテーマを模索中です。

横:今公開されている、「創像」の中にある写真のような感じですね。
c0168669_17203253.jpg

音:現在「創像」トップページで使っているこの写真は、実は会社の夏休みを利用して行った某水族館での写真です。当初からハードモノクロームテイストを使用する前提で撮影しました。家族サービスそっちのけで。

横:一見何の写真だか良く分からなかったのですが、これは水族館の魚の写真なんですね。と言うことは手前に写っているのは水槽に付いた水滴でしょうか?

音:はい、水滴です。入口に近い位置の水槽の為、真夏の外気との気温差で結露していました。自分的には、”おいしい”シチュエーションでした。水滴のぎらつきが良いアクセントになりました。

横:他にも色々撮影されていると思うのでこれから紹介していただければと思います。
ところで音羽さんはフォトレタッチの仕事をしていた経歴をお持ちですので、次回は写真と共に、ちょっとした仕上げ方の「コツ」などもお話いただければと思います。

音:了解しました。では、今週はこの辺で。次回水曜日は休日なので、9/24(木)です。引き続き当ブログを宜しくお願いいたします。
[PR]
by silkypix | 2009-09-16 17:23 | SILKYPIX写真部通信

天狗の団扇

もう夏も終わって秋になりましたが、短かった今年の夏を振り返っていくつかの写真をピックアップしてみました。

c0168669_15483789.jpg


トチの木です。右上にトチの実が生っていました。
左下のあたりの葉っぱが丁度良く広がっていて、まるで天狗の団扇みたいですね!

また、今年の唯一の蝉写真です。

c0168669_15494772.jpg


会社に入ってからあまり蝉の鳴き声を聞かなくなりましたが、休日の昼間に出るとうるさいくらいに鳴いていました。
鳴き声を頼りに木にとまっている蝉を探したのは学生の時以来で、少し楽しかったです。


(編集:ノロP)
[PR]
by silkypix | 2009-09-16 15:59 | 今日の一枚

谷津干潟を歩く

前回はテイストを絡めて写真の後加工を試してみましたが、今回は比較的素直に仕上げて見ようかと思い、谷津干潟で鳥の写真を撮ってきてみました。

谷津干潟は、千葉県習志野市にある東京湾岸に残された数少ない干潟のひとつで、埋立地の中に2本の水路で海とつながる池の様にとり残された少し奇妙な干潟です。
シギやチドリ、カモといった渡り鳥が多く見られ、国指定谷津鳥獣保護区やラムサール条約にも登録されている場所でもあります。

こんな場所が近くにあるのなら行かない手はないと言うことで、鳥というテーマに挑戦してみることにしました。
とりあえずご覧ください。

c0168669_16413291.jpg

海草の切れ端と戯れるカワウ…でしょうか?ウミウとカワウの区別がよくわかりません。
海草を咥え上げては放り投げ、ぺたぺたと歩いて拾いに行ってはまた放り投げると言う動作を繰り返す姿は、なかなかにコミカルでかわいかったので撮った一枚です。

c0168669_1715842.jpg

水からあがってきたばかりのアオサギです。
飛んできてここに腰をすえた直後で、まだ羽が逆立っています。なんとなく鳥の息づかいを感じられるような気がしたので撮ってみました。

c0168669_176843.jpg

水面で羽繕いをしているカモです。
丸まった仕草と水面に広がった波紋がきれいだったので撮影。

いかがでしょうか?今回は現像時にあまり弄り回さずに仕上げてみました。
先週のような演出された写真もいいですが、こういうわかりやすい仕上げもいいですね。
写真のセオリーなどはまだよくわかっていないですが、写真の仕上げ方もいろいろなスタイルがあっていいのかなと思いました。

(編集:田辺)

今週のボツカット
[PR]
by silkypix | 2009-09-15 17:48 | 今日の一枚

仏像ブーム?

「仏像ガール」なる言葉を、最近テレビで知りました。
インターネットで検索してみると、
~仏像ガール|仏像をポップに楽しむためのサイト~なるホームページがありました。
「鉄子」や、
「歴女」等、
以前はごく少数の方々の趣味であったものが、最近はブームになっているようです。
この3例に関しては、「写真」がコレクションとして重要なアイテムになっているのが
嬉しい限りです。
※ 「鉄子」 「鉄道写真」 については、SILKYPIXは早くから注目しており、現在も多くの方々
からの応援を頂いて掲示板を運営しております!

私も身近なところからブームに乗っかってみようと思い、近所へ撮影行です。
c0168669_11183846.jpg

鎌ヶ谷大仏です。大仏と聞き見に行ってみると意外と小さい為、「小仏」とか「ミニ仏」
とか言われてしまう、少し悲しい仏様でもあります。

別アングルから、
c0168669_11195429.jpg

供花と比較して見るとその大きさがお解かりになるかと思います。
大仏と名乗るにはちょっと小さいでしょうか。
しかしながら、その穏やかな表情と長く風雨に晒されながらも力強く座り続ける威厳に
満ちた佇まいは、見るものに深い安らぎを与えてくれます。

後姿、
c0168669_11204753.jpg

頼れる大きな背中です。

http://johokan.net/sightseeing/CONTENTS/k-daibutu.html
上記アドレスに、鎌ヶ谷大仏の簡単な紹介が載っていますので、お近くにお越し
の際は是非足を運んで見てください。
※上記アドレス記載の「The Great Buddha at Kamagaya」、グレート仏陀は言い過ぎのような、、、。
c0168669_1121436.jpg



(編集:音羽)
[PR]
by silkypix | 2009-09-14 11:26 | 今日の一枚
|