SILKYPIX BLOG

/ silkypix.exblog.jp

RAW現像ソフトSILKYPIXオフィシャルブログ

<   2009年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

成田エクスプレス

千葉に住んでいると「成田エクスプレス」という特急電車を良く見かけます。
名前の通り成田空港と首都圏の主要都市を結ぶ特急です。

c0168669_1801126.jpg


赤、グレー、白、黒のシンプルなカラーリングが特徴です。海外から来たお客様や海外へお出かけするお客様などが主に乗っています。ここからは勝手な想像ですが、空港と言うと出会いや別れなどドラマティックな展開がありそうで、そんな方々を乗せて走っているのかなと思います。

c0168669_1832977.jpg


しかし千葉に住んでいますと成田空港までは程近いので特急を使うほどでもなく普通列車に乗っていくのが普通ですので私自身はこの列車に乗ったことはありません。その為少しあこがれの電車だったりします。

c0168669_181183.jpg


そんな成田エクスプレスですが最近モデルチェンジをし、新しい車輌で走っている時があります。
スクウェアなデザインから丸みを帯びた形になりました。まだ新くピカピカですので新車のこの車輌は今が撮り頃ですね。旧型も乗らないままなくなってしまうような気がします。

(編集:横山)
[PR]
by silkypix | 2009-10-30 18:17 | 今日の一枚

秋の散歩

今の時期は天気が良いと気温もちょうど良く、少しずつ冬の匂いも漂い始めるので、散歩に出かけたくなります。冬の匂いってなんだか良いですよね。

c0168669_15193299.jpg


日陰は空気も冷たいのですが、差し込んでくる太陽の光が暖かいので、とても気持ち良く歩くことが出来ます。日陰と日向のコントラストの調整に「トーンカーブ」を使用しました。「トーンカーブ」の「構成点の追加」はプレビュー表示からも構成点を追加することが出来るのでとても便利で良く使用します。

c0168669_15194982.jpg


少し茂みにはいってみるとまつぼっくりがたくさん落ちていました。なぜかまつぼっくりって秋というイメージがあります。

これからは紅葉の時期なので散歩を楽しみながら、紅葉の写真に挑戦してみたいと思います。

(編集:はるか)
[PR]
by silkypix | 2009-10-29 15:21 | 今日の一枚

SILKYPIX写真部通信 第7回  祝!SILKYPIX GALLERY開設

c0168669_18593064.jpg

毎週一回は「SILKYPIX写真部通信」をお届けいたします。「SILKYPIX写真部通信」では普段、作例などの撮影を行っているSILKYPIXスタッフが旬の話題について対談形式で進行していきます。

はじめに「SILKYPIX写真部」のレギュラー部員をご紹介させていただきます。

○写真部 部長 横山
本来は街を中心としたスナップ写真を撮っていましたが、最近は鉄道や野鳥など専門的な撮影を勉強中です。

○写真部 副部長 音羽(おとわ)
若かりし頃は、物撮スタジオで修行した経験があります。
現在は子供の写真を撮る傍ら、また自分の写真を撮り始めました。


音羽(以下、音):先週末10月23日、念願のSILKYPIX GALLERY(シルキーピックスギャラリー)を開設することが出来ました。構想から早数ヶ月、感慨深いですね。

横山〈以下、横):早くも多くの方にご投稿いただき嬉しい限りです。公開してからは毎日ギャラリーを見るのが楽しみです。

音:1日何度もチェックしてしまいますね。現在開催中の「紅葉キャンペーン」にも、早速かなりの数のご投稿を頂き、関東はこれからが紅葉の本番となりますので、今後ますます楽しみです。我々スタッフも負けてはいられないですね。

横:紅葉は人気のある被写体ですから、皆様それぞれの個性的な作品が楽しみです。今年は娘が生まれたばかりであんまりガッツリロケに行けなさそうですので、家の近くの自分ポイントを開拓してみようと思ってます。音羽さんは何かプランはありますか?

音:はい。着々と計画を練っております。私が担当している月曜日のブログでも書かせてもらったのですが、紅葉と言えば寺社仏閣だろうとの予想で近所を地図で調べて見たところ、大小様々意外と沢山あるんですよ。いままで意識していなかっただけなんですね。
一箇所、千葉県船橋市の星影神社というところでは、ロケハン済みで、あとは紅葉を待つだけです。
それともう1箇所、インターネットで調べてみたところ、そんなに遠くないところに紅葉の名所を発見しました。巷ではかなり有名みたいですが、千葉県松戸市にある本土寺。こちらにも足を運んでみたいと考えています。

横山:私が動けない分期待しています。既に幾つかアップしてしまっていますがギャラリーは私達も参加してよいのですよね??

音:もちろん良い!ですよね?当初は皆様からの投稿がなかった場合、我々で盛り上げて行かなければと悲壮?な覚悟をしていましたが、全くの杞憂に終わりましたね。
火曜日ブログ担当の2人も、かなりはりきっていますし。
ところで横山さんは、動けないと言いながら、よくメモリーカードからデータをコピーしていますが、何を撮ってるんでしょうか?お子さんの写真は会社にはほとんど持ってきていないみたいだし。

横:今、通勤時は撮影の貴重な時間になってます。気候も良い時期なので少し家を早めに出て通勤路付近を撮ってます。
c0168669_1952390.jpg
  
同じロケーションでも季節とかその時々によって見え方も変わって楽しいですよ。今幕張ではイチョウが黄色くなってきています。
そろそろ野鳥の季節なので鳥も撮りたいです。そういえば今日ユリカモメの姿を見かけました。もう渡ってきているようですね。
写真を通じて様々な世界を知ることができるようになりました。ユーザーの皆様から教わることも本当に多いですよ。感謝しております!

音:カモメって一年中いるんじゃないんですか?渡り鳥なんですか?
私の田舎(北海道)では、一年中いたような気がするんですが。
確かに野鳥を例にとっても、名前はともかく生態とかも理解しないと撮れる写真も撮れないですよね。最近は、私も野鳥掲示板で勉強させて貰ってますが、確かに被写体としてとても魅力的だと思うようになりました。
宝石のようなカワセミを、手に取って眺めることは不可能なので、写真で如何にディティールを表現するか、と私は勝手に憶測しています。

横:追うと逃げてしまうというのもハンター心をくすぐられます。というのは冗談ですがよく見ると顔や動きなど可愛らしいんですよ。求愛したり喧嘩したりぼーっと休憩していたり。ある意味人間くさい所もあります。

音:なるほど。でも普段何気なく暮らしていて、カラスとスズメと鳩くらいしか見かける事ないですけど、実際鳥は居るんですか?やっぱり、野鳥観察所とか専門的な場所にしかいないんですよね?

c0168669_1965495.jpg

(横山:昨年撮影のシメ)


横:野鳥図鑑に書いてある事の受け売りなのですが、まずはスズメやハトとそれ以外の違いを区別できるようになると楽しくなってきますよ。あとは図鑑を買うことですね。私も野鳥の撮影はまだ始めたばかりなので、ここで紹介できるような写真が撮れるようにもっと頑張りたいと思います。

音:私も注意を配って、野鳥を見分けられるようになってみたいと思います。
さて、次回SILKYPIX通信、来週水曜日は11月に突入していますが、11月のアートテイスト企画「創像」、現在急ピッチでテスト中です。よって第6回公開は11月9日を予定しています。

横:そうですね。テイストに合った作例もこれから撮影するものもあるのでがんばりましょう。

音:はい。今週もお読み頂きまして有難うございました。ではまた来週。
[PR]
by silkypix | 2009-10-28 19:14 | SILKYPIX写真部通信

Galleryに新機能が追加しました

毎週火曜日は、田辺・土門の初心者コンビでお送りしております。

今週はちょっと写真をお休みして、SILKYPIX GALLERYに新機能が2つ追加致しましたことをお知らせいたします。


ひとつめは以前より皆様からのご要望を頂いておりました、「投稿時のプレビュー機能」です。
フォームの入力ミスや写真の取り違えなどの防止のため、画面上で確認しながら再編集が可能になりました。

c0168669_19201573.jpg

↑画像右下の2つ並んだボタンで、「プレビュー」を押していただければ投稿前の最終確認ができます。

c0168669_19204125.jpg

↑ふむふむ、写真と共に間違いが無いかよく確認できますね。


ふたつめは「サムネイル表示時の拍手・コメント数の表示」です。
皆様に心地よく交流していただくためにも、投稿された写真にコメントがつきましたらコメント入力欄から返信を行っていただければ幸いです。

c0168669_1921256.jpg

↑拍手が入っていると思わずうれしくなりますね、一目でわかります。


これからもより良い皆様の交流の場となりますよう、皆様には是非ご参加のほどお願い申し上げます。
初心者コンビも、更に腕に磨きをかけます。
[PR]
by silkypix | 2009-10-27 19:23 | ご案内

SILKYPIXでオークション用写真を仕上げる。

皆様、ネットオークションを利用されたことはありますか?
私は、主に購入するほうで利用しています。
やっぱり、掲載されている商品の写真がより魅力的な方が、購入意識を煽りますね。

オークション掲載用写真は、正しい色を表示し、形状もしっかり表現するのが大切だと思います。
SILKYPIXは、オークション用写真を仕上げるのも大得意としています。
それでは早速、私なりの仕上げ方をご紹介したいと思いますので、一例としてご参考頂ければ幸いです。

今回のオークション出品商品は、以前にペットボトル飲料のおまけとして付いてきた、
某漫画キャラクターのフィギュアと仮定します。
まず撮影風景はこちら。
c0168669_125379.jpg

壁に画用紙(白)をセロテープで貼り、テーブルの上までアーチをつけて固定します。
左から照明(白熱電球)を当て、右にはレフ板(白)置きます。
RAWモードで撮影し、SILKYPIXで開いただけの状態がこちらです。
c0168669_12535848.jpg

電球色の赤みがかった色で表示されています。
まず最初に、トリミングしてしまいます。商品はしっかり認知できるように大きくします。
c0168669_12551212.jpg

次に、少し暗めなので、露出を1EVプラスにし、ホワイトバランスのドロップダウンリスト
の中から、白熱球(3000K)を選択します。
c0168669_12555973.jpg

ほぼ適切な色になりましたが、少し微調整します。色温度を3100K、色偏差を-3に設定しました。
c0168669_12572086.jpg

背景色がニュートラルグレーに表現されました。次に、コントラストの調整でメリハリを強調します。
c0168669_1258173.jpg

商品がはっきりしてきました。次はカラー、少しだけ彩度を上げます。
c0168669_12585161.jpg

良い感じです。次はシャープです。100%表示で見ながら、最適な数値に調整します。
c0168669_12592436.jpg

くっきりしました。次は、スポッティングツールで、目立つほこりを消します。当然、撮影時にクリーニング出来れば、この工程は必要がありません。
c0168669_12595485.jpg

ここまででほぼ完成ですが、すべての工程を終えてみると、ほんの少し暗いかなと思いましたので、
露出補正の露出微調整で、0.08EV明るくしました。露出微調整は0.01きざみで調整が可能です。
c0168669_1311875.jpg

完成しました。如何でしょうか?
c0168669_1332189.jpg

照明に関しては、今回は白熱電球を使用しましたが、SILKYPIXには、
c0168669_13409.jpg

23種類の光源に対しての適切なホワイトバランス設定がありますので、使用する照明によって
選択し、そこから微調整するのが良いと思います。
また、背景を白やグレーにすると、グレーバランスツール(赤丸)
c0168669_13534538.jpg

を使い、無彩色部分を選択するだけで、
適切なホワイトバランスに設定できる機能もありますので、お試し下さい。


※SILKYPIX WEBサイトでは皆様に写真を発表して頂けるように
SILKYPIX GALLERYを公開いたしました。
皆様のご参加、お待ちしております。

(編集:音羽)
[PR]
by silkypix | 2009-10-26 13:59 | 機能紹介(ホワイトバランス)

SILKYPIX GALLERYのご案内

SILKYPIX WEBサイトでは皆様に写真を発表して頂けるようにSILKYPIX GALLERYを公開いたしました。

c0168669_16171458.jpg


写真をご投稿いただくと多くの方に見ていただけますので、お気に入りの写真が撮れた際にはお気軽にご投稿ください。写真は撮るだけではなく、見るのも楽しみのひとつですね。検索ページから最近気になっているカテゴリーを探すと撮影時の参考にもなるかも知れません。
ぜひ一度ご覧下さい。

▼SILKYPIX GALLERYはこちらから
http://www.silkypixgallery.com/


(編集:横山)
[PR]
by silkypix | 2009-10-23 16:21 | ご案内

鴨川シーワールド 海の動物

以前鴨川シーワールドに行った際にイルカだけでなく他にも海の動物の写真を撮影しましたので、ご紹介します。

c0168669_144556.jpg


鴨川シーワールドに行く1番の目的はシャチのショーを見ることです。小さい頃からシャチやイルカが好きで、学生の頃はいろんな水族館へ実習にも行きました。そんな中でも鴨川シーワールドはシャチがいて、行きやすい距離なのもあって特によく行く水族館です。シャチのショーは大迫力でジャンプする度に歓声と、水を浴びてビショビショになったお客さんの悲鳴で盛り上がっていました。

c0168669_1451612.jpg


アザラシはのんびりとお昼寝タイムでした。寝顔がかわいいのか・・・かわいくないのか微妙なところが微笑ましかったです。

SILKYPIXウェブサイトでは写真を愛好する全ての方々が参加できる写真投稿サイト「SILKYPIX GALLERY」を公開しました。是非皆さまもお気に入りの写真を投稿してご紹介ください。

(編集:はるか)
[PR]
by silkypix | 2009-10-22 14:07 | 今日の一枚

SILKYPIX写真部通信 第6回 「創像」の企画秘話 その2

c0168669_19193858.jpg

毎週一回は「SILKYPIX写真部通信」をお届けいたします。「SILKYPIX写真部通信」では普段、作例などの撮影を行っているSILKYPIXスタッフが旬の話題について対談形式で進行していきます。

はじめに「SILKYPIX写真部」のレギュラー部員をご紹介させていただきます。

○写真部 部長 横山
本来は街を中心としたスナップ写真を撮っていましたが、最近は鉄道や野鳥など専門的な撮影を勉強中です。

○写真部 副部長 音羽(おとわ)
若かりし頃は、物撮スタジオで修行した経験があります。
現在は子供の写真を撮る傍ら、また自分の写真を撮り始めました。


音羽(以下、音):さて、先週に引き続き「創像」のご紹介ですが、今週は、第3回:「デジタルクロスプロセステイスト」ですね。このテイストは、ポジフイルムの使用経験がある方でしたら、どこかで聞いた事がある「クロスプロセス」という特殊なフイルム現像方法で表現が可能な写真を、RAW現像時に近似の表現が可能か模索するところからスタートしました。
(トップ写真は、DCPレッドテイストを適用)

横山(以下、横):クロスプロセスは本来ポジフイルム用の現像液で現像するのを、ネガフイルム用の現像液で現像する手法の事で、今回はその表現をシミュレートしたものです。カラーバランスが崩れ独特の雰囲気を再現したのですが音羽さん的に皆様に「このような時に使って欲しい」というおすすめポイントはありますか?

音:実際最近も写真家の友人から、フイルムのクロスプロセスを使ったという話を聞き、雑誌の掲載写真を見ると見たことの無い表現でとても格好良かったです。デジタルクロスプロセスも、新しい表現方法がないかな?と考えたりするタイミングで試してもらえたらと思います。出てくる画像はとってもインパクトありますので。

横:確かに雑誌などのイメージカットではよく使われていましたね。70年代のサイケデリックなレコードジャケットなどもかっこ良かったですね。

音:音楽関係媒体でのクロスプロセスと予測される写真は多いですよね。ただ、カメラマンにとっては、クロスプロセスは”出たとこ勝負”みたいなところがあって、ある程度の予測は出来るけど仕上がりに関しては怖い部分がありますよね。RAW現像時のクロスプロセスは、一切のリスクがないので、なんでも試してみる事が出来る。良い時代ですね。

横:クロスプロセスは露出や被写体の明るさなどでもだいぶ雰囲気が違って見えますので色々な露出でお試しいただければと思います。例えば少し暗めに撮影されたものですとロックっぽい仕上がりに、明るめに撮影されたものですと少しポップにみたいな使い分けができますね。ロックと言えばその次の「ハードモノクローム」テイストですがこちらは名前の通りハードでロックですね。

音:ハードモノクロームテイストは制作している我々も楽しかったですね。横山さんは、あの時期夜な夜な街を徘徊していましたね、カメラ持って。

横:20代の頃は結構夜の街をたくさん撮っていた時期もあったので久しぶりに楽しかったですね。しかも今回のハードモノクロームの作例ではノイズによる粒状感もちょっとお見せしたくてISO感度1600での撮影が主でしたので昼間のようなシャッタースピードで撮影できました。楽しくて気づくと新聞屋さんが走っている時間まで撮影してしまいました・・・。

音:確かにあの時期はお疲れモードでしたね。SILKYPIX使ってRAW現像している時は元気でしたが。ハードモノクロームの冒頭のテキストでもご紹介させて頂いたのですが、森山大道さんの写真が好きで、少しでも作風に近づく事が出来ないかなと思ったのが一つのきっかけでしたね。本質的な部分で理解することは難しいけど、格好良いと感じた表向きの部分だけでも模倣したいと。実際、ハードモノクローム各テイストを自分の撮った写真に適用してみて、”はまった”のを見つけると嬉しかったですね。

c0168669_1928437.jpg

(ハードモノクロームを使用)

横:撮影時にも仕上がりを強く意識できるのも「テイスト」として登録されているからでしょうね。普通は撮影した写真をどう仕上げるかじゃないですか?インパクトのあるテイストは撮り方も変えてくれます。

音:確かに、最近は「この風景はハードモノクロームホワイトトーンが合いそうだ!」と、撮影前から意識したりすることすらありますね。あと各テイストは一つの提案であって、そこからSILKYPIXの色々な画像調整機能を駆使して頂き、独自の表現を見つけて貰ったら、嬉しいですね。今月に公開しましたスウィートライトテイストは、色々試行錯誤しましたね。

横山:最近のトレンドを強く意識して作成したのですが、この手のいわゆる「スローライフ」系の表現はその方法も多様化していますのでSILKYPIXらしいものにどう仕上げるかの調整に非常に時間がかかりました。

音:本屋で色々な雑誌や本を見て、頭にあるイメージの写真傾向を掴んだりしましたね。このテイストは特になんですが、露出次第でかなり雰囲気が変化するため、ページに「露出を明るめに設定する事で、「スウィートライト」効果をより感じる事が出来ます。」の一文を加えさせて頂きました。暗めだとガラッと変化してしまいますので。

c0168669_19271053.jpg

(スウィートライトブルーを適用)

横:本当は「ガンマ」などで中間調を持ち上げても良かったのですが画面の明るさのイメージが変わってしまうと使いにくいと思い、明るさに関してはあまり変化させないようにしました。このテイストは被写体を選ぶような気がしますがいかがでしょうか?

音:被写体、選びますね。暗い印象の写真には向いていないです。「スウィートライト」というネーミングに合う写真にお使い頂ければと思います。ネーミングで思い出しましたが、このテイストは海外のSILKYPIXユーザーの方にもお使い頂いていて、基本的に同じネーミングになっています。「日本の伝統色」→トラディショナルカラーといった感じですね。

横:あと2回公開を控えておりますが、どんなテイストになるのでしょうか?楽しみにお待ちください。

音:はい。今週もお読み頂きまして有難うございました。ではまた来週。
[PR]
by silkypix | 2009-10-21 19:35 | SILKYPIX写真部通信

日々勉強中

今週から火曜日は、土門・田辺の初心者コンビでお送りいたします。

まずは土門君の写真です。
先週の日曜に、本八幡にあるニッケコルトンプラザにて行われていた「工房の風」というイベントに行ってきた時の写真です。様々な作家さんたちの作品が会場のいたるところにあり、とても楽しめました。

c0168669_19352962.jpg

会場の雰囲気の良さに、このように作品たちも非常に溶け込んでいて写真を撮るのが楽しいひと時でした。

c0168669_1943993.jpg

色とりどりの花もたくさんあり、おだやかな休日の午後を華やかに演出していました。


次に、田辺の写真です。
私は、そろそろ秋バラの季節なので今週はマクロレンズとSIGMA SD14を担いで近所にあるバラ園へ行って来ました。開花率30%ほどと時期的には少し早かったのですが、咲き始めのバラを狙ってか園内にはカメラを持った方がたくさんいらっしゃいました。

c0168669_19115025.jpg

マクロレンズを持っていったのでマクロらしい写真をと、真紅のバラをアップで。ベタですがきれいなので良しです。

c0168669_19172027.jpg

ハマナスの花とクマバチです。大きいので怖がる方も多いのですが、ミツバチの仲間でとても温厚なハチです。

c0168669_19231686.jpg

バラとアキアカネ。せっかくバラ園に行ったのに昆虫ばかり撮っています。アプリコット色のバラとアキアカネの赤がいい感じ。

(編集:田辺・土門)
[PR]
by silkypix | 2009-10-20 19:48 | 今日の一枚

「星影神社」で紅葉写真のロケハンをする。

昨日は、来月に迫った紅葉の季節を前に、自宅近くに良い場所がないかロケハンをしてみることにしました。
行き先は、以前からその名前がとても気に入っていた、
c0168669_14125872.jpg

です。とても惹かれる名前の神社ですね。
ちょうど月一の祭礼が行われていました。
c0168669_14133549.jpg

散策していると、神社の方に話しかけて頂き、
「来月終わりになると、このモミジが身頃になりますよ。」
と教えて貰いました。なるほど。
c0168669_14142616.jpg

紅葉の他にも、見所がたくさんです。
c0168669_1414582.jpg

年季の入った鈴。

c0168669_14152761.jpg

盆栽のような大きな樹木(比喩がおかしいですね。)

c0168669_14161383.jpg

神社と言えば野良猫。子猫に近づきすぎて、
c0168669_14163815.jpg

親猫に睨まれました。

来月末に最訪問し、紅葉写真を撮影後再度ブログでご紹介させて頂こうと思います。
c0168669_14194647.jpg



(編集:音羽)
[PR]
by silkypix | 2009-10-19 14:22 | 今日の一枚
|