SILKYPIX BLOG

/ silkypix.exblog.jp

RAW現像ソフトSILKYPIXオフィシャルブログ

<   2010年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

朝の逆光を克服する(覆い焼き)

先日、千葉県の成田近隣にあります「成田ゆめ牧場」という所で早朝のSL運転を撮影することができました。この早朝運転は一般に開放されている訳ではないのですが、常連さん達を招待しての運行でした。
まだ日が昇る前の凛とした空気の中、蒸気機関車の音やボイラーの中の炎がとても印象的でした。太陽が顔を出すとSLの煙が朝日の照らされてとてもきれいでした。そんな逆光の状態で何カットか撮影したのですが、綺麗だった煙の階調を飛ばさないように露出をセットし撮影するとSLは完全に暗くシルエットになってしまい、柔らかな光という印象よりは硬い印象になりました。

▼写真はこちら

c0168669_18305029.jpg


少し車輌前面の光を起こしたいと思い覆い焼きを使用しました。
覆い焼きは写真の中の暗い部分と明るい部分を自動で判別し、暗い部分は明るく、白とびしている分の階調をある程度復元する機能です。
c0168669_183246.jpg


スライダーで調節するだけですのでとても簡単です。

▼覆い焼き適用後の写真はこちら

c0168669_18332798.jpg


黒くつぶれていたSLの色が少し明るくなって色も出てきましたね。また、明るい部分の煙の階調も増しました。
このように斜光且つ逆光の場合の撮影は美しく印象的な場合が多いのですが、なかなか手強い被写体です。その際には覆い焼きである程度階調の調節ができます。


c0168669_18383637.jpg


私はリアルタイムでSLが走っていた世代ではないので本物のSLが町を走っている姿はイベントでした見た事が無いのですが、この小さなSLでもとても迫力を感じました。

(編集:横山)
[PR]
by silkypix | 2010-01-29 18:41 | 機能紹介(覆い焼き)

夜景写真を「黒レベル」で仕上げる

最近夜景を撮影する機会が増えたので、どうしたらよりイルミネーションのきれいさを表現出来るか現像の際にも悩みます。
そこで、今回は、黒レベルを使用して仕上げてみましたので、ご紹介します。

元画像
c0168669_16175989.jpg


東京ドームシティーにもキレイなイルミネーションがあったので撮影してきました。
船や木、天井に飾られたイルミネーションを引き立たせたかったので、「調子」の中にある「黒レベル」を上げることで、空や地面の暗い部分を引き締め、光と暗い部分とのメリハリがある写真に仕上げました。

補正後
c0168669_16182158.jpg


「黒レベル」を上げることで、光だけでなく、船の前にいる人のシルエットも引き締まり、存在感を表現することが出来たと思います。

(編集:はるか)
[PR]
by silkypix | 2010-01-28 16:33 | 今日の一枚

SILKYPIX写真部通信 第15回 ホワイトバランス調整に重宝!「スパイダーキューブ」

c0168669_18401833.jpg

毎週一回は「SILKYPIX写真部通信」をお届けいたします。「SILKYPIX写真部通信」では普段、
作例などの撮影を行っているSILKYPIXスタッフが旬の話題について対談形式で進行していきます。

はじめに「SILKYPIX写真部」のレギュラー部員をご紹介させていただきます。

写真部 部長 横山
本来は街を中心としたスナップ写真を撮っていましたが、最近は鉄道や野鳥など専門的な撮影を勉強中です。

写真部 副部長 音羽(おとわ)
若かりし頃は、物撮スタジオで修行した経験があります。
現在は子供の写真を撮る傍ら、また自分の写真を撮り始めました。


音羽(以下:音):最近、家の照明を交換し、初めて電球色(3波長型蛍光灯)を選択したのですが、
これはテスト撮影に最適と思い、早速実施してみました。こちらです。
c0168669_1837305.jpg

横山(以下:横)蛍光灯下の撮影は意外と多いシーンなのですが結構難しいですね。特にホワイトバランスが。「蛍光灯」とひとくくりに言っても様々なものもありますし。

音:そうなんです。特にフード撮影の場合は「美味しそう!」に見えることが大切な要素なので、特にホワイトバランス調整が重要となります。そこで今回は秘密兵器を使いました、こちらです。
c0168669_18391495.jpg

横:スパイダーキューブですね。これは持ってると結構便利なモノですね。どんな風に使うかやってみましょう。

音:はい了解です。まずは、露出補正ツールで、ホワイトフェースの主光源側(明るいほう)を選択します。これで、明るい側の露出を決めます。次に、グレーバランスツールで、グレイフェースを選択すると、簡単にホワイトバランスが調整されました。
c0168669_1845581.jpg

c0168669_1856865.jpg

横:簡単ですね。蛍光灯の場合は色温度(青~赤)だけでなく色偏差(緑~マゼンタ)方向にもズレている場合があるのでその2つを調整してWBを取るのは結構難しかったりしますしね。これでしたらバッチリですし、お料理の色もきれいに出ています。しかし、このままではスパイダーキューブが写りこんでしまっていますね。

音:はい写ってしまっています。このような場合は、現像パラメータをコピーすることができる、テイストパラメータ→「一時登録」がとても便利です。これは、現在までの調整内容を一時登録して、他の写真へ調整内容をコピーする機能です。まず、下の画像の赤枠の左○をクリックすると、一時登録が完了です。次に、対象となる画像、今回はスパイダーキューブが写っていない画像ですね、こちらを開いて、テイストパラメータ→「一時登録」から、先ほど登録した情報をクリックするだけで、調整内容が反映されました!
c0168669_196484.jpg

c0168669_19113535.jpg

横:なるほど。もう一度おさらいすると、今回の例は「電球色蛍光灯を光源として使ってお料理をきれいに見せる方法」という事ですね。例えば電球の雰囲気を残したければ無理に補正する必要はないのでしょうか?

音:おっしゃるとおりです。例えばこの食事がディナータイムで訪れたレストランで、電球の暖色がとても良い雰囲気を醸し出しているとすると、ホワイトバランスを調整し、色かぶりを改善してしまうととちょっと興醒めですよね。撮影者がどのように表現したいかによって、どのような調整するかは変わってきますので、ホワイトバランスの正解は撮影者が決める事だと考えています。

横:スパイダーキューブは目的がはっきりしている場合には特に便利ですね。SILKYPIXを使って自分でメニュー用の写真を仕上げていると言う飲食店の方もいらっしゃいます。また、ネットオークションや通信販売用の写真などでは実物に近い色などが求められる場合が多いですね。その他は・・・何か活用方法思いつきますか?

音:そうですね、仕事での商品撮影の場合、同じ商品シリーズで、日を隔てて撮影しなくてはならない時、当然スタジオ等も変わり、場合によっては光源も変わってしまうのでそのような場合には、とても重宝すると思います。

横:RAW現像時には心強い味方になってくれそうですね。今日はスパイダーキューブをSILKYPIXで使った例のご紹介でした。

音:スパイダーキューブの詳しい情報はこちらからどうぞ。
http://www.colorvision.jp/modules/articles/article.php?id=29
今週もお読み頂きまして有難う御座いました。ではまた来週。
[PR]
by silkypix | 2010-01-27 19:16 | SILKYPIX写真部通信

動体撮影とノイズ

野鳥の写真を撮り始めてからというものすっかり野鳥写真の魅力に取り憑かれている田辺です。

やはり、超望遠で被写体を大きく切り取ったからには、羽毛まできちんと解像した写真を撮りたいと思うのですが、なかなか上手くいかず試行錯誤を繰り返す毎日です。

c0168669_181332.jpg


このように、止まっている被写体であれば多少ましですが、トビモノなど動きの速い被写体をぶらさずに撮影しようとするとどうしてもシャッタースピードを上げる必要があり、絞りを開放して、更に感度をあげざるを得ないという状況があります。
ただ、感度を上げると当然ながらノイズが乗ってきます。ノイズが解像感を損なうのでは本末転倒です。どうしたらいいのでしょうか?下の写真をご覧下さい。

c0168669_18243084.jpg


このようにシャッタースピードをあげきれず、ぶれてしまった写真はもうどうしようもありませんが、ノイズが乗った写真はSILKYPIXで補正できるので、上手くノイズリダクションを追い込んで、解像感を損なわずにノイズを消すことができれば事ができれば、安心して感度を上げることができるのではないかと考えています。

適切な調整パラメーターの値は、撮影時の状況によってまちまちなので、私はこれで良しという答えを見つけられていませんが、この辺を今後の課題として方法論を模索していきたいと思います。

(編集:田辺)
[PR]
by silkypix | 2010-01-26 18:44 | 野鳥撮影入門

便利な”ダイナミックレンジ”機能

昨日、今年初めて「梅」の花を見かけました。
c0168669_18552220.jpg

と言ってもご近所さんの鉢植の梅ですが、まだまだ寒いながらも春が近づいてきているのだろうと感じ、なんだか嬉しく感じました。
今時期は空気が澄んでいて遠景写真にはとても良いのですが、寒くてシャッターを押す指も震えてますので、早く暖かくなって欲しいところですね。

さて梅を撮った後は、ぬくぬくと室内フォトを楽しみました。
c0168669_18553990.jpg

小粒苺と、収穫した金柑です。
普段はほとんど果物を口にしないのですが、このように被写体になってもらうとなぜか美味しそうに感じて、後に完食しました。

次は先日娘が摘んできた花を裏側から撮影しました。
c0168669_18555917.jpg

が、少しオーバーだったようです。
白とびしている部分以外の露出は変えずに、白とび部分のみの階調と色を復元させたい
場合は”ダイナミックレンジ拡張”です。
c0168669_18565598.jpg

c0168669_18572169.jpg

色と階調が復元されました。
SILKYPIXは、ちょっとした失敗も補ってくれる、とてもありがたい存在です。


(編集:音羽)
[PR]
by silkypix | 2010-01-25 19:01 | 機能紹介(ダイナミックレンジ)

明治神宮

先日明治神宮に行ってきました。原宿に行くとよく外人さんに場所を聞かれたり、前を通ると緑に囲まれた門が見え、いつも気になっていた場所だったので、初詣もかねて行ってきました。入り口だけでなく、中にも緑がたくさんあり、空気もキレイな気が・・・東京なのを忘れて心身共に癒される場所でした。

c0168669_16395029.jpg


入って少し歩くと小さな橋があり、そこを渡りながら見える景色です。後から知ったのですが、明治神宮はパワースポットのようで、納得できます。
元画像は明るすぎたので、露出をアンダーにし、ファインカラーコントローラから「新緑強調」を選んで仕上げました。

c0168669_1636843.jpg


途中の道で木々の間から何かを燃やしている煙が見えたのですが、そこに日が当たって、ただの煙も幻想的に見えてしまいます。思わず足を止めて撮影してしまいました。

c0168669_16481512.jpg


天気が良かったので、日が当たる葉と影になる枝とのコントラストの強さに何度も目をひかれました。この時期でも神前や門には人がたくさんいて撮影しずらかったのですが、途中の道にも魅力的な場所がたくさんあり、歩くだけでも、撮影しても良い素敵な場所でした。

(編集:はるか)
[PR]
by silkypix | 2010-01-21 16:50 | 今日の一枚

NDフィルターを使って撮影してみました。

昨年2009年7月22日、世間は皆既日食の話題で盛り上がっていました。
結果的には、日本は天気に恵まれず、見られた場所はごくわずかでしたね。

弊社でも、会社近辺で部分日食を撮影する為、太陽撮影用の大光量減少用NDフィルターを購入しスタンバイしてたのですが、結果的に使用せずじまいになってしまってました。

その事を最近急に思い出して、このフィルターを使って何か撮影出来ないかなと考えた結果、「海」を撮影しようと思い、昨朝、船橋三番瀬海浜公園に行ってきました。

車で向かっている途中、日の出を待つ運河の向こう側が良い色に輝いていました。
c0168669_18301728.jpg

(iso200 f18 SS30秒 露出補正-0.7)
何回か撮影し、液晶モニターで露出を確認しながら撮れた一枚です。

本来の目的である海浜公園に到着し、波打ち際(三脚の脚は入水していました)から撮った
一枚がこちら。
c0168669_18305635.jpg

(iso200 f18 SS10秒 露出補正-1)

日の出後です。
c0168669_18312671.jpg

(iso200 f22 SS2.5秒 露出補正-1.7)


撮影時、いまひとつどのように表現になるのか想定できなかったので、帰宅しSILKYPIXを起動してこの写真をモニター上に展開する時は期待感と不安感をとても強く感じました。

最後に日の出とは反対の方角にある富士山のある景色も、NDフィルター装着で撮影したので、
こちらは「創像」のスウィートライトブルーで仕上げてみました。
c0168669_18323125.jpg

(iso200 f16 SS6秒 露出補正-0.7)

冬朝の海は透明感があり、清清しい気分にさせてくれました、かなり寒いですが。


(編集:音羽)
[PR]
by silkypix | 2010-01-18 18:34 | 今日の一枚

汐留で撮影してきました。

ご挨拶が遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

最近は一気に冷え込みましたね。昨日出社する際に一瞬ですが雪が降りました。そんな寒さに負けず今年もお休みの日には出かけて撮影もしています。
この間の連休は、お友達に誘われて、汐留の日本テレビで開催されていました「映画『アリス・イン・ワンダーランド』の世界展」に行ってきました。実際撮影で使用された衣装や小物もあり、セットも映画の世界観を楽しめるもので、是非映画も見たいと思いました。

c0168669_16265310.jpg


汐留はキレイなビルがたくさん建ち並んでいて、そのビルには空の色や、建物が映りこんでいたりと、とても魅力的な場所です。

c0168669_1627103.jpg


東京タワーも移りこんでいるのを発見して撮影しました。少し歪んでしまいましたが、東京タワーだとわかっていただけますでしょうか?

c0168669_16272631.jpg


今回汐留で見た物の中で一番驚いたのが、日テレ外壁にある時計。宮崎駿デザインということで、大きさにもデザインにもびっくりしました。夜は雰囲気が一層出てオススメです。

今年もいろんな場所に出かけて撮影した写真をご紹介出来ればと思っています。
皆さまも寒い日が続いているので、お体に気をつけて撮影を楽しんでください。

(編集:はるか)
[PR]
by silkypix | 2010-01-14 16:28 | 今日の一枚

冬の公園

あけましておめでとうございます、SILKYPIXスタッフ土門です。

皆さんそろそろお正月の雰囲気も薄れて、体も慣れてきたのではないでしょうか?
今年のお正月は天気もよく、初日の出にレジャーにカメラの出番が多かったかと思います。

私も今年は、どんどん写真を撮って楽しんでいこうと考えています。
さて、私の今年最初の投稿は、先日散歩してきました海浜幕張の公園の写真です。

とても天気の良い休日でしたが、寒さのせいか人の影もまばらで
静かな園内は、都会的なビル郡を背にして何か寂しげな、独特な雰囲気でした。

c0168669_1915639.jpg


c0168669_1922176.jpg


c0168669_1923317.jpg



まだまだ思ったような写真は撮れないのですが、前述したような
少し寂しげで、凛とした雰囲気を感じていただけますでしょうか?

この日のような、よく晴れた寒い日は昔から一番好きで、カメラを始める前から
よく外を散歩していました。
しばらくは、この時期のこの空気感を、もっと撮れる様に撮影に出かけたいと思います。


編集:土門
[PR]
by silkypix | 2010-01-12 19:14 | 今日の一枚

SILKYPIX写真部通信 第14回 2010年、始動です。

c0168669_1839524.jpg

毎週一回は「SILKYPIX写真部通信」をお届けいたします。「SILKYPIX写真部通信」では普段、
作例などの撮影を行っているSILKYPIXスタッフが旬の話題について対談形式で進行していきます。

はじめに「SILKYPIX写真部」のレギュラー部員をご紹介させていただきます。

写真部 部長 横山
本来は街を中心としたスナップ写真を撮っていましたが、最近は鉄道や野鳥など専門的な撮影
を勉強中です。

写真部 副部長 音羽(おとわ)
若かりし頃は、物撮スタジオで修行した経験があります。
現在は子供の写真を撮る傍ら、また自分の写真を撮り始めました。

音羽(以下、音):2010年、明けましておめでとうございます。
本年もブログメンバー一同、精力的に撮影し、皆様にご紹介出来ればと思っております。
宜しくお願い申し上げます。
さて、まだなんとなくお正月気分が抜けませんが、本日のSILKYPIX通信では、私共の今年の抱負など如何でしょうか?

横山(以下、横):あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
今年の抱負と申しますか目標は動画でSILKYPIXの使い方を紹介できればと思っています。
スチルとは違った難しさがあるのでどのように撮影し、編集すればよいのかなどまだまだ勉強中なのでできるだけ早く習得したいと思っています。

音:昨年から、暖めつつあった件ですね。動画撮影は私自身もまだお遊び程度で撮影したことしかないので、これから勉強したいと思います。実際、皆様にご紹介できる形になりましたら、今迄以上にSILKYPIXの魅力を解りやすくお伝えする事が可能となりそうですね。

横:文章だけですと伝えにくい部分もあったりしますし、ネットでも動画はだいぶ普及していますね。もう少しお待ちください。ところで音羽さんはデジカメを買いましたね!

音:はい、念願のマイデジタル一眼レフカメラを昨年末に購入しました!
ニコンD5000というカメラです。私自身、カメラを購入するのは実に久しぶりで、購入した日は、嬉しくて嬉しくて、触りまくりでした。やっぱりいいものです、悩みに悩んで決定したマイカメラは。当日は早速RAWモードで撮影しSILKYPIXで現像し、プリントしてみました。最高です。

横:そういえば聞こうと思っていたのですが、音羽さんから来た年賀状の写真はD5000で撮ったものですか?

音:違うんです。カメラを購入したのは年賀状を送った後でして、それ以前に撮りためてあった写真です。実は、創像の「シネフィルムレトロ」テイストを適用しました。たぶん横山さんは気づくかなと。
c0168669_21171166.jpg

《音羽:2010年賀状画像》

横:そうなんですか?気がつかなかったです。

音:さすがにそこまで考えないですよね、実際。
横山さんから頂いた年賀状、かわいらしいお子さんの写真でしたね。後工程で文字を挿入する前提で撮影したものですよね?

横:年賀状用にと思って自宅で撮影しました。トラの着ぐるみもこの為に買ったのですが暖かいようで、初詣の時も着せていました。
c0168669_18374820.jpg

《横山:2010年賀状画像》

音:なかなか目立ったのではないでしょうか?甲子園球場に行ったら大人気ですねきっと。

横:昨年末の記事でも書きましたが、演出って写真の楽しみ方の一つですね。最近は特にそう感じています。
この写真でページをご覧いただいている皆様にも私達からの年賀状とさせていただきます。
本年も引き続きSILKYPIX及びSILKYPIX BLOGをよろしくお願いいたします。

音:今週もお読み頂きまして有難う御座いました。ではまた来週。
[PR]
by silkypix | 2010-01-06 18:46 | SILKYPIX写真部通信
|