SILKYPIX BLOG

/ silkypix.exblog.jp

RAW現像ソフトSILKYPIXオフィシャルブログ

<   2010年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

もうすぐ雛祭り

気がつけばもう3月に入りますね。家では何年かぶりに母親が雛人形を出していました。3月といえば3月3日の雛祭りです。

c0168669_17571794.jpg


小さい頃は雛人形を出すのが楽しみで、自分のために出してもらう雛人形はなんだか特別な気分にさせてくれたのを思い出しました。
今見ると顔や衣装、盆提灯などどれもきれいに作られていて、そんな発見をするのも小さい頃とは違う楽しみ方です。

c0168669_17573542.jpg


雛祭りと言えば桃の花ということで、昨年撮った桃の花です。今年は梅や桃の花などをまだ見れていないので、撮影に出かけて春の気分を味わうのも良いですね。

(編集:はるか)
[PR]
by silkypix | 2010-02-25 18:01 | 今日の一枚

春の気配

先日、撮影場所でご一緒していたユーザーの方から「ブログ見てますよ」と励ましのお言葉をいただきました。
作例としてご紹介したシロハラの写真を見て気づいたと仰っていましたが、こうして声をかけていただくと、改めて嬉しさと、また半端な記事は書けないという責任感(?)を感じますね。
さて、先週・先々週とノイズリダクションについてご紹介してきましたが、今週はちょっとお休みをいただいて週末に撮ってきた花の写真をご紹介したいと思います。ノイズリダクションについては引き続きご紹介させていただきますのでもう少しお待ちください。

c0168669_14561269.jpg


谷津干潟沿いの遊歩道にこじんまりと咲いていた梅です。
梅のような樹につく花はどうしても見上げる形になりがちですが、この樹は腰程の高さしかなく、ゆっくりと花の形や角度などを選んで撮影することが出来ました。

c0168669_14565475.jpg


こちらは、ギンヨウアカシアです。通称のミモザという呼び名のほうがポピュラーでしょうか?
通常関東では3月頃に花をつけ、樹全体が黄色く煙ったように華やかな風情を見せてくれる花ですが、この樹は陽当たりがいいのか、一部だけですが花が開いていました。

日毎に暖かさが増し、蕾がほころび始めると春の到来を感じ心が軽くなりますね。これで花粉症の症状がなければ言う事はないのですが…。
(編集:田辺)
[PR]
by silkypix | 2010-02-24 09:24 | 今日の一枚

手賀沼の蓮

昨日2月21日、早朝から千葉県我孫子市にある「手賀沼」に行ってきました。
日の出の風景を目的に行ったのですが、今回の撮影行で一番シャッターを押した被写体はこちら、
c0168669_18325565.jpg

蓮(の枯景)です。何一つ前知識が無かったのですが、巷では有名な場所のようです。
折れ曲がっている茎が幾重にも重なり、幾何学的な模様がなんとも魅力的です。
寄って見た写真がこちらです。
c0168669_18334124.jpg

とても冷え込んでいたので、薄く氷が張っていました。
また、枯葉に霜が付いている様子も美しく、
c0168669_18342522.jpg

c0168669_18364814.jpg

時間を忘れて撮影に没頭してしまいました。
c0168669_1837531.jpg

今回は全てモノクローム現像をしてみましたが、今年は開花時期を狙って撮影した暁にはカラーで皆様にご紹介出来ればと思います。

(編集:音羽)
[PR]
by silkypix | 2010-02-22 18:38 | 今日の一枚

偽色抑制のメリットとデメリット

前回、前々回とノイズについてご紹介して来ましたが、今回も引き続きノイズリダクションについてご紹介していきたいと思います。
今回は、こちらの一重咲きバラの写真を使って、偽色抑制のメリットとデメリットをご紹介してみたいと思います。
c0168669_18122819.jpg

偽色抑制は、色ノイズを抑制する機能ですが、この機能は強くかけてもほとんど解像感を損なうことはありません。では、常に強くかければいいのでしょうか?答えは残念ながらそうではありません。ノイズリダクションの場合、常にデメリットは発生します。

上の写真を比較しやすいようトリミングして拡大してみました。こちらで比較してみましょう。
c0168669_18144222.jpg
上の写真は、適正な偽色抑制をかけた物です。ピント面の解像感は損なわれずに、ノイズは綺麗に消えています。次に、偽色抑制を最大まで上げてみましょう。こちらをご覧下さい。
c0168669_18153531.jpg
上の画像と比べて、解像感はほぼ変化がないですが、高彩度部分で色が抜けて色あせたような感じになってしまっています。

偽色抑制は、解像感に影響を及ぼしませんが、かけすぎるとこのように色が抜けてしまうことがあります。このため、一度偽色抑制のスライダーを強めに動かしてノイズを消し、その後、偽色抑制のスライダーをゆっくりと戻して行き、色ノイズが見えてくる直前で止めるというのが適切な偽色抑制の値を見つけやすい方法です。

(編集:田辺)
[PR]
by silkypix | 2010-02-16 18:49 | 機能紹介(偽色抑制)

ダイヤモンド富士撮影は幻に終わる。

昨日は、よく足を運ぶ「ふなばし三番瀬海浜公園」にて、1年に2度のチャンスしかない「ダイヤモンド富士」を拝むことができるプレミアムな日と言う事で、数日前から楽しみにしていました。
事前の天気予報では、15時~18時は晴れ、18時~21時は曇り、日没は17時20分なのでとても微妙、当日15時を回り空を見上げると雲が広がってましたが、砂浜は見晴らしが良いから晴れているだろう!となんの根拠もないですが前向きな考えで現地へ向かいました。
到着すると案の定曇っており、富士山を望む事ができません。しかしながら、
c0168669_18334633.jpg

これだけ沢山の人が、日の入りまでの時間、諦めずに空模様を見守っていました。もちろん私も待ちます。
もうまもなく日の入り時間となりましたが、
c0168669_18342323.jpg

やはり奇跡は起きませんでした。残念です。
次回、この場所で「ダイヤモンド富士」を拝めるのは10月27日との事、再度チャレンジしたいと思います。

下の写真は以前早朝に撮影した富士山です。次回はこの富士山の背後に沈む写真を撮り、皆様に紹介させて頂きます。
c0168669_1835171.jpg



(編集:音羽)
[PR]
by silkypix | 2010-02-15 18:38 | 今日の一枚

シャープネスとノイズリダクションの微妙な関係

前回、動体撮影とノイズというタイトルで高感度撮影の提案をしたのですが、今回はその続報としてシャープネスとノイズリダクションの相関関係と、調整手順などを考えてみたいと思います。

今回の写真はこちらの「シロハラ」の写真を使ってみたいと思います。
c0168669_16521024.jpg


このサイズに縮小してしまうとややわかりにくいので、羽根の部分を拡大した写真がこちらです。

c0168669_1703872.jpg


やはりかなり偽色が目立ちますね。今回はこれをどのように補正していくかを考えていきたいと思います。
まずは、偽色抑制で色ノイズを抑制します。

c0168669_17184153.jpg


色ノイズはほぼ取れました。ザラザラ感(輝度ノイズ)はあまり目立たないので今回はノイズ整列をわずかにかけるのみでノイズ除去はかけずに次へ進みます。次は、やや輪郭が甘く感じるのでシャープネスをかけてみます。

c0168669_17255787.jpg


ここでひとつ注意しなければならないのは、消しきれなかったノイズの輪郭もシャープネスは強調してしまう場合があるため、シャープネスをかけたらせっかく消したざらつきが増してしまったというケースが起こります。
これを抑制する機能が、ノイズキャンセラです。こちらも、ノイズ整列やノイズ除去と同様、かけすぎると解像感を損なうので、最小限に留めるのがコツです。

いかがでしたでしょうか?
ノイズリダクションはかけすぎると解像感を損ない、シャープネスはかけすぎるとザラザラ感を強調してしまいます。
互いの機能が相反するため、パラメータの調整は迷うところですが、このようにノイズリダクション>シャープネス>ノイズキャンセラの順に調整することで、比較的楽に調整出来るのではないでしょうか?
いかがでしたでしょうか?今回は全体の流れをざっくりと説明してみました。次回からは引き続きノイズリダクションとシャープネスのパラメータ調整のコツを考えていきたいと思います。

(編集:田辺)
[PR]
by silkypix | 2010-02-09 17:52 | 野鳥撮影入門

先週の降雪

2月1日は、今冬初の本格的な降雪でしたね。
北国で育った私にとっては、雪のない冬というのはどうにも物足りなく感じている常日頃ですが、今回の降雪は前日からの予報でかなり確率が高かったので、何度も窓を覗いては「降ってきたか?」と確認し、やっと18時を回ってから本格的な降雪が始まったので、矢も盾もたまらず外へ飛び出して、カメラを空に向けてストロボ発光し雪を撮影しました。
c0168669_17184737.jpg

フワリと雪が舞ってくる様は、美しいですね。
降雪が年中行事だった頃は、何も感じなかったどころか、「また明日の朝の雪かきは大変だな。」とマイナスイメージしかなかったのですが、現在降雪を有り難がるのは実に都合の良いものです。
その後も、窓を開けては雪がどのくらい積もったか確認をしてたのですが、眠る前にこれが最後と思い、窓を開けると、
c0168669_17201123.jpg

道路一面に積もっていたので、ローアングルで撮影しました。

翌朝2月2日は少し早く家を出、最寄の駅まで歩く道すがら撮影しつつ会社へ向かいました。
最後の写真は、きっと珍しい鎌ヶ谷大仏の積雪ショットです。
c0168669_17203121.jpg
c0168669_17204189.jpg
c0168669_17205329.jpg


(編集:音羽)
[PR]
by silkypix | 2010-02-08 17:25 | 今日の一枚

SILKYPIXのテイストを使用

今回は、SILKYPIXのテイストを使用して、写真を仕上げてみましたので、ご紹介します。

ノスタルジックトイカメラ
元画像
c0168669_16491069.jpg


テイスト使用画像
c0168669_16374139.jpg


トイカメラを使用したことが無いので、使用後の写真は新鮮でした。普段なかなかノスタルジックな写真に仕上げることも無いので、思い切っていつもと違う画作りをしてみるのもおもしろいです。

風景
元画像
c0168669_16492371.jpg


テイスト使用画像
c0168669_16381078.jpg


名前の通り、風景写真で使用できるテイストです。彩度やコントラストが高めなので、木々の緑も際立ち、写真にピッタリの仕上がりになりました。

SILKYPIXのテイストはプリセットから写真などに合わせて選ぶだけなので、簡単にお使いいただけます。テイストを使用した後に微調整するのも良いですね。

(編集:はるか)
[PR]
by silkypix | 2010-02-04 16:51 | 今日の一枚

SILKYPIX写真部通信 第16回 「RAW現像とカラーマッチングに関するセミナー」を開催しました。

c0168669_199011.jpg

毎週一回は「SILKYPIX写真部通信」をお届けいたします。「SILKYPIX写真部通信」では普段、
作例などの撮影を行っているSILKYPIXスタッフが旬の話題について対談形式で進行していきます。

はじめに「SILKYPIX写真部」のレギュラー部員をご紹介させていただきます。

写真部 部長 横山
本来は街を中心としたスナップ写真を撮っていましたが、最近は鉄道や野鳥など専門的な撮影を勉強中です。

写真部 副部長 音羽(おとわ)
若かりし頃は、物撮スタジオで修行した経験があります。
現在は子供の写真を撮る傍ら、また自分の写真を撮り始めました。


音羽 : 本日の「SILKYPIX写真部通信」は、ご報告です。
先日1月30日(土)、EIZOモニターの(株)ナナオ様との共同無料セミナー「RAW現像とカラーマッチングに関するセミナー」を開催しました。
このセミナーはナナオ様の全面協力の下、東京都中央区銀座の「EIZOガレリア銀座」にて今回で3回目の開催です。

当日は土曜日開催にも関わらず会場一杯、沢山のお客様にお越し頂きました。
この場を借りて、お礼申し上げます。

1回のセミナーが2時間ほどのお時間で、最初の1時間が我々(株)市川ソフトラボラトリー担当で、今回はRAW現像の基本知識をご紹介させて頂く「今さら聞けないRAW現像超入門編」と、SILKYPIXの基本機能のご紹介、特集としてノイズリダクション機能のご紹介させて頂きました。皆様の熱心な視線をひしひしと感じ、話し手として責任をもってご案内させて頂いたつもりです。

10分ほどの休憩の後、後半1時間は(株)ナナオ様からカラーマッチングとモニターキャリブレーション、そしてSILKYPIXからのプリントまでをデモンストレーションして頂きました。
実際にプリント出力した写真とモニターに表示された写真とを見比べて、見事に色調が合っているのを体感するととても気持ちよく、また特に難しい操作を必要とせずに行えるカラーマッチングとモニターキャリブレーションは、写真を趣味にされている方は必聴の内容だと思いました。

2時間と長時間でしたが、参加されている方の集中度がとても高く、またセミナー終了後の実機体験と質疑応答では、引っ切りなしにご質問を頂き、SILKYPIXスタッフ(私と横山です)としては嬉しい限りでとても内容の濃い1日を過ごすことが出来ました。

セミナーの様子は、以下の写真をどうぞ。
c0168669_1913874.jpg
c0168669_1915183.jpg


おかげさまで皆様のご反響がとても大きく、なんと次回の開催も決定しました!
現段階で開催日は未定ですので、決定しましたら、弊社ホームページ及び当ブログ等でお知らせ致します。
[PR]
by silkypix | 2010-02-03 19:11 | SILKYPIX写真部通信
|