SILKYPIX BLOG

/ silkypix.exblog.jp

RAW現像ソフトSILKYPIXオフィシャルブログ

<   2010年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

リコーRING CUBEの写真展「銀座鉄道」がおすすめです

銀座にあるリコーのフォトギャラリーRING CUBEへ行く途中の道で何枚か写真を撮りました。

c0168669_1749935.jpg

銀座は直線が多い街で色々な「線」や「面」の表情を見つけるのがいつも楽しみです。

c0168669_17505788.jpg


c0168669_17513235.jpg

夕方18:00前でしたので傾いた太陽の光でできる光と影の形は街の表情を変えてくれるので昼間や夜とはまた違った印象があります。

c0168669_1754235.jpg


凝ったデパートのウィンドウも見ていて楽しいものが多いですね。

c0168669_17552945.jpg


色々なものがたくさんあるのに、それぞれがどこか銀座っぽいと言うか、まとまりがある所が不思議です。

c0168669_17583317.jpg


リコーRING CUBEの入っている三愛ビルです。丸い形をしたビルなので目立ちますね。
ギャラリーはここの8,9階です。

この日はここで行われる写真展「銀座鉄道」のオープニングにお誘いいただき写真も拝見してきました。「銀座鉄道」はこの方
c0168669_183133.jpg

鉄道写真家広田泉様のプロデュースで、同氏とアマチュア写真家様達の合同展示となっています。

鉄道写真と聞くと電車の編成写真を思い浮かべる方も多いと思いますが、今回の写真展ではスナップあり風景あり様々な視点で鉄道や鉄道にまつわる写真が展示されていますので電車に関する知識が無くても全然楽しめる展示内容でした。
もちろんかっこいい電車の写真もありますので夏休中のお子様もきっと喜ぶのではないでしょうか?

c0168669_1894256.jpg


会場からはこんな景色が見えたり

c0168669_18101395.jpg


歴代リコーのカメラが展示されていたり写真以外でも楽しめました。
今回写真を出展されていたSILKYPIXのユーザーの方々ともご挨拶できました。

詳細はリコー様のウェブサイトをご確認ください。

(編集:横山)
[PR]
by silkypix | 2010-07-29 18:14 | ご案内

富士山初登頂写真その1 ご来光

日本最高峰の山、富士山。
以前からその頂上に立ち、眼前に広がる景色を写真に収めたいと考えていました。
富士山を撮った写真は、過去にこのブログでもご紹介させて頂いたのですが、今回いよいよ機が熟し(と言うよりはタイミングと勢いが大)、富士山単独初登山を実行にこぎつけました。

どうせ登るならやはりご来光を拝みたいと考え、麓の登山口「須走口」を7/18の深夜2時30分に出発し、1時間30分程で「本六合目」の山小屋に到着、眼前に広がった空を見渡すと、空が赤みを帯びはじめています。事前に調べたところ、日の出は4時30分前後なので、ここでじっくり腰を落ち着け撮影に集中しました。
c0168669_10244135.jpg
c0168669_10244916.jpg
c0168669_1024588.jpg
c0168669_1025674.jpg
c0168669_10251470.jpg
c0168669_10252261.jpg

刻一刻と表情を変える風景に心を奪われ、夢中でシャッターを押し続けました。後日既に何度も富士山登頂経験のある、水曜ブログ担当の土門に写真を見せたところ、「相当恵まれた天気ですね。」と言っていました。この景色を拝めただけでここまで頑張って登ってきた甲斐があり、この写真は宝物になりました。と、いってもまだ本六合目、登頂までの工程で半分も進んでいません。以降の写真は、次回ブログでご紹介させて頂きます。

(編集:音羽)
[PR]
by silkypix | 2010-07-27 10:28 | 今日の一枚

コントラスト中心で布の質感をコントロールする

真夏日が続いていて寝苦しいのですが、洗濯物は良く乾いてサラサラで気持ちが良いですね。
ジーンズなどもパリッと乾いて洗いたてはお日様の匂いがします。

c0168669_10455415.jpg


15年位前に古着で購入したものなのですが、そこからさらに15年位前のものですので、現在からですと約30年前の物になります。結構汚れたり傷んだりしていますがデニムらしい色になってきています。
今回はこの仕上げに至るまでの幾つかの選択肢をご紹介したいと思います。

今回調節したのは調子の中にある「コントラスト中心」という項目です
c0168669_111964.jpg


まずは調子からコントラストを2.15に設定し硬調にしたものです。
c0168669_1124428.jpg

コントラストを強めたことによってデニムの濃淡を強めに強調しました。
この画像のヒストグラムがこちらです。
c0168669_1143956.jpg


この写真を元に「コントラスト中心」を調整し仕上げていきます。

1.「コントラスト中心」を「強」側に設定した場合
c0168669_117566.jpg

暗い部分の比率が多くなる為、デニムの濃い部分の色が濃くなりはっきりしてきます。
この画像のヒストグラムがこちらです。
c0168669_1184447.jpg

左側の山が高くなっていますね。暗い部分の情報が多くなったことが判ります。


2.「コントラスト中心」を「弱」側に設定した場合
c0168669_1194793.jpg

明るい部分の比率が多くなる為色落ちした部分の階調表現が豊かになります。
この画像のヒストグラムがこちらです。
c0168669_11115820.jpg

山が右肩上がりになりました。明るい部分の情報が多くなったことが判ります。

2つの写真を見比べて、どちらの仕上がりにするか迷いましたが、

デニムのハードさを表現したければ1
デニムの色落ちの質感を表現したければ2

かな?と考えました。

悩んだ結果私が選んだのは
2.「コントラスト中心」を「弱」側に設定した場合
でした。やっぱり、スレた部分や色落ちした部分に愛着があるのでしょうね。


同じ写真でも意図によって仕上げ方の方針も変わってきますね。そんな事を考えながら現像してみるのも楽しいものです。

(編集:横山)
[PR]
by silkypix | 2010-07-23 11:23 | 機能紹介(調子)

街の風景

連日続く猛暑に体力がついていくのが大変な毎日ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
いよいよチビッ子達の夏休みも始まり、各地のプールも今年は例年に比べ大盛況の様子みたいですね。大手家電量販店でも、冷房器具の売り上げが著しい伸びを見せているとか...。夏本番です!!

さて、今回はそんな真夏の雰囲気を写真に...などとまったく考えず、先週突如思いつき行ってきました「街角路地裏探訪」(←勝手に命名しました)撮影から何点か写真をご紹介します。
ひょんな事から思い立ったこの路地裏撮影ですが、望遠レンズのおもしろさや特性を色々学んでみようと考えたので、すべてNikon D5000のキットレンズであるNikkor 55-200mmで撮影しました。



c0168669_12153175.jpg

c0168669_12155768.jpg

c0168669_1216319.jpg

c0168669_1216936.jpg

c0168669_12161694.jpg

c0168669_12162389.jpg

c0168669_12162841.jpg



望遠レンズで撮影した際、路面の凹凸感などにとても表情が出てくるので、路地裏の少しうらぶれた雰囲気ともマッチするように、モノクロで仕上げてみました。
今回の撮影で改めて感じたのは、街には色々な路地があり、それぞれに人々の生活を感じられるような味があるという事です。これからはもっと、何気ない路地にも目を向けて歩いてみたいと思いました。



編集:土門
[PR]
by silkypix | 2010-07-21 12:47 | 今日の一枚

セミ再び

鬱陶しい梅雨が開け、気持ちのいい夏がやって来ました。皆様いかがお過ごしでしょうか?

私が当ブログの担当になってからまもなく一年が経ちます。最初に書いた記事に貼った写真は携帯で撮影したミンミンゼミの写真でした。今見返すと解像感も何も無いひどい写真ですね。



あれからBORGを使い始め、パーツ沼にハマり野鳥を撮り始めたり、MTBを購入し通勤が自転車になったりと、実に様々な変化がありました。昨日までの連休で立ち寄った公園で、たまたま見かけたニイニイゼミの写真を撮りながら、そんな感慨にふけってしまいました。こちらがその写真です。

c0168669_10431469.jpg


今回はAF化したBORG77EDIIを使って撮影した物ですので、さすがに携帯の写真と比べるべくもないですが、撮影技術も多少はましになっているでしょうか?
今回の撮影は、無限遠を出すために最短撮影距離を長めに設定した通常仕様ですので5m程の距離からの撮影ですが、BORGの魅力のひとつである組みかえが自由にできるという特性をフルに使えば、無限遠を捨てて近距離での撮影に特化した仕様にすることも可能です。昆虫は、野鳥に比べ近づきやすいので、BORGを使った昆虫マクロなんていうのも面白いかもしれないなぁと考えています。

c0168669_1112203.jpg

この夏も、暑さに負けずBORG+MTBの変態仕様で頑張りたいと思いますのでこれからもよろしくお願い致します。
[PR]
by silkypix | 2010-07-20 11:16 | ご挨拶

水滴の演出

本格的に暑くなってきましたね。屋内外でロケを行う場合には水分補給をこまめにして熱中症に気をつけてください。(自分も含め撮影に集中しすぎるとつい後回しになってしまいがちですので。)
暑さに耐えられず、ファーストフード店で休憩した時に頼んだアイスコーヒーのカップについた雫がちょっと綺麗だったので撮影してみました。

c0168669_18175566.jpg

肉眼ではここまで大きく見えませんがマクロ撮影して大きく見ると、雫のひとつひとつが光っていてとても綺麗ですね。
今回はこの写真の水滴の輝きや立体感を少し演出してみたいと思います。

c0168669_1820409.jpg

「調子」から「コントラスト」を強めにしました。コントラストを強くすると明暗のメリハリがつき白っぽい部分はより明るく、黒っぽい部分はより暗くなります。その為輝きが強くなったように見えます。

それから、「コントラスト中心」を弱くしています。これは「コントラスト」の値が「1」以上の場合

1.弱側に設定すると明るい部分の比率が増えます。
2.強側に設定すると暗い部分の比率が増えます。

今回は少し爽やかに見せたかったので明るい部分の比率を増やしました。


c0168669_18262954.jpg

次に「シャープ」から「輪郭強調」を少しだけ強くしました。
輪郭強調を強くすることで名前の通り輪郭がはっきりしてきます。
あまり強くしすぎると輪郭がギザギザしたり縁取りが出たりと、不自然な感じになってしまいますので「隠し味」程度に使うのがおすすめです。

c0168669_18292986.jpg

SILKYPIX Pro版のマルチプレビューで比較すると違いが判りやすいと思います。

c0168669_18304558.jpg

少しツブツブ感や立体感が強調された感じになりました。
ネイチャーフォトなどの雨上がりの雫にも応用できますね。

(編集:横山)
[PR]
by silkypix | 2010-07-16 18:33 | 機能紹介(シャープ)

エプソン品川アクアスタジアム

最近は天気が良い日が続き、暑さも夏らしくなってきましたね。そろそろ梅雨明けでしょうか。
私は、そんな暑さの中、品川にある水族館「エプソン品川アクアスタジアム」に行ってきました。「エプソン品川アクアスタジアム」は全ての水槽が室内にあり、暑い日でも、雨の日でも快適に水族館を楽しむことが出来ます。

c0168669_1581515.jpg


メインの水槽は円形なので、どこからでも同じ様にショーを楽しむことも出来ます。ショー以外の時でも近くでイルカを見ることができるので、座っているだけでもあっという間に時間が過ぎてしまいます。ここまで近くでイルカ達を見られる水族館もなかなか無いですよね。

c0168669_1583119.jpg


ショーの後にはトレーニングが行われ、下まで行くと、さっきまでショーで活躍していた、カマイルカやオキゴンドウがすぐ傍で見られるので、それもよかったです。やっぱり近くで見ると迫力が違います。本当に近いので水しぶきに注意しながら撮影しました。

c0168669_159692.jpg


他の水槽も、キレイな魚がたくさんいて、見ても撮影しても飽きません。

c0168669_1592189.jpg


この写真の丸い光は通路にあるイルミネーションがうつりこんでしまったのですが、水中だとなんだか幻想的に見せてくれるので、水族館での撮影はやっぱりおもしろいです。

夏休みの予定の一つに水族館を入れてみるのもいいかもしれませんね!

(編集:はるか)
[PR]
by silkypix | 2010-07-15 15:27 | 今日の一枚

料理写真のホワイトバランス調整

7/9(金)横山の記事に引き続き、私もホワイトバランス調整をご紹介させていただきます。
先週末、いつもお世話になっている方に誘われ、荻窪まで行ってきました。
行きつけの居酒屋に案内してもらったのですが、そこでびっくり!
c0168669_18311372.jpg

刺身の盛り合わせを注文してくれたのですが、2人前でこの量です。
ネタも新鮮でしかもとても安価で、大満足でした。
そこで、SILKYPIXブログメンバーにも紹介(自慢)しようと思い写真を撮ったのですが、電球色で色かぶりしていますね。これはこれでお店の雰囲気が出て良いと言えなくもないですが、どうせなら新鮮な素材本来の色でと思い、SILKYPIXで調整してみます。ちょうど白い器がありますので、グレーバランスツールを使用してみましょう。
c0168669_18313821.jpg

ホワイトバランスから、赤く囲った部分をクリックすると、スポイトが出現しますので、白い器の部分を選択します。白い器でも、例えばお刺身が写りこんでいたりすると正確な調整が出来ませんのでご注意下さい。
c0168669_18315722.jpg

前出の画像と比較してみると、
色温度が3378→2880
色偏差が6→2
と変化し、色かぶりが解消されたようです。では全体で見てみましょう。
c0168669_18321379.jpg

美味しそうな写真に仕上がりました。
このように簡単に調整することが可能ですので、例えばグルメサイトの投稿などに使用する写真に是非試してみてください。

もし皿が白くなく、また画面内に白いものが(もしくはグレー)無い場合は、周りの白いもの(割り箸の袋、おしぼり等)をさがし、一緒に写すと良いですよ!


(編集:音羽)
[PR]
by silkypix | 2010-07-12 18:37 | 機能紹介(ホワイトバランス)

曇りの日の家の中のホワイトバランス

c0168669_10195689.jpg


天気が悪く蒸し暑い日が続いています。ですのでお休みの日もあまり外に出れず家の中で映画を見たりのんびり過ごしています。昨年生まれました娘ももうすぐ一歳になろうとしており、覚えたてのつかまり立ちを見ては親としては転ばないかどうかヒヤヒヤしながら見守っていますが、教えた訳でもないのに上手に立つのを見ては感心しています。

そんな感じなので家の中でも日々成長する娘の姿を撮るのも楽しいものです。
c0168669_10273871.jpg


室内の撮影で外が曇っているとどうしても色が濁った感じになることが多いですね。これはホワイトバランスがずれてしまっている場合が多いと思います。特に子どもの肌などは青い方向へ色が被ると不健康な印象が出て嬉しくないですね。

今回はSILKYPIXのホワイトバランス調整の中にある「肌色指定ツール」を使って良い感じのホワイトバランスに仕上げてみたいと思います。
「肌色指定ツール」はホワイトバランスのタブの中にあります。
c0168669_1031999.jpg


「肌色指定ツール」を選択するとマウスカーソルがスポイトの形になりますのでその状態で肌色の部分を範囲選択してください。
c0168669_10322642.jpg


青被りが取れて良い感じの肌色になりました。
c0168669_1034892.jpg


「肌色指定ツール」は指定した肌色の露出とホワイトバランスを同時にきれいに設定してくれるツールです。
室内のポートレートや日陰の青被りなどホワイトバランスが難しいシーンでも便利に使えますのでお試しください。

(編集:横山)
[PR]
by silkypix | 2010-07-09 10:43 | 機能紹介(ホワイトバランス)

紫陽花を撮る

紫陽花が見頃を迎えています。
一昨日、紫陽花で有名な近所の公園へ、撮影に行ってきました。
紫陽花が根に毒を持っているのは有名な話ですが、今回は妖しげでダークな印象を醸し出すようにローキー目の仕上げにしてみました。
c0168669_1264361.jpg

子供の頃、祖母の家の庭に陣取っていた紫陽花の樹で、よくカタツムリを採った記憶があったのですが、この日は1匹も見つけられませんでした。
c0168669_127421.jpg

ガクアジサイです。この紫陽花は大人になって初めて認知した気がします。可憐な印象を与えてくれます。
c0168669_1272148.jpg

隣同士で咲いていても、随分大きさが違いますね。
c0168669_1282615.jpg

また、同じ”花球”でも花弁によって色が異なるのもまた趣があります。
成長後は同色になるのでしょうか?

通常何気なく認識しているものに対して、改めてカメラを向け撮影することによって、普段は意識しないような事に気付けるのも撮影の醍醐味ですね。ただ、梅雨真っ盛りですので突然の雨への対策と、雨が上がった後に湧き出てくる”蚊”への対策を怠らないように皆様お気をつけ下さい。ちなみに私はショートパンツ&サンダルだった為、10箇所程の患部を現在ムヒで治療中です。


(編集:音羽)
[PR]
by silkypix | 2010-07-06 12:13 | 今日の一枚
|