SILKYPIX BLOG

/ silkypix.exblog.jp

RAW現像ソフトSILKYPIXオフィシャルブログ

<   2010年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「RAW現像とカラーマッチングに関する無料セミナー」仙台・福岡開催へのご参加、有難うございました。

2週連続で開催して参りました「RAW現像とカラーマッチングに関する無料セミナー」ですが、先日の名古屋・大阪開催に引き続き、昨週末8/27(金)、8/28(土)の仙台・福岡開催へご参加頂きました皆様、お暑い中、足をお運び頂きまして誠に有難うございました。

私は、8/28(土)の福岡へ伺いました。

c0168669_1653404.jpg

晴れ渡る空、窓際の席をキープして正解でした。

c0168669_16541553.jpg

13時からの部、16時からの部共に、定員一杯のお客様にご参加頂きました。嬉しい限りです。

c0168669_16544733.jpg

セミナー終了後、夜は中洲方面へお散歩写真。
c0168669_1655169.jpg

すごい人手だなと思ったら、「中洲JAZZ」というイベントが開催中でした。ラッキーです。
c0168669_16554624.jpg

バンドの背後から撮影、アートテイストの「シネフィルム ロードムービー」で仕上げてみました。

今回、全国各地4箇所でのセミナー開催にて、多くの写真愛好家の方々と実際にお話する事が出来、とても楽しく有意義な時間を共有させて頂きました。ご参加頂きました皆様へ改めて御礼申し上げます。


(編集:音羽)
[PR]
by silkypix | 2010-08-31 14:00 | ご挨拶

「RAW現像とカラーマッチングに関する無料セミナー」名古屋・大阪開催へのご参加、有難うございました。

先日開催致しました株式会社ナナオ様との共同開催セミナー「RAW現像とカラーマッチングに関する無料セミナー」へ、8/20(金)名古屋会場、8/21(土)大阪会場にご参加下さった皆様、お暑い中のご来場、誠にありがとうございました。おかげさまをもちまして、どちらの会場共に満員御礼、外も暑かったですが、会場内も写真を愛する皆様から発せられる心地よい熱気に包まれた、とても充実したセミナーとなりました。あらためまして御礼申し上げます。
c0168669_18294069.jpg

《名古屋会場の様子》

さて、今週末は8/27(金)が仙台、8/28(土)が福岡にて同セミナーを開催致します。どちらの会場も、募集開始から早々で定員に達し、皆様のご期待をひしひしと感じます。皆様と会場でお会いできるのを、楽しみにしております。


セミナーの翌日は休日、自宅ベランダのプランターにゴーヤが実った?ので収穫です。実は極小サイズで、先日実ったものは同じようなサイズで赤く色づいてしまった為、今回は収穫してみました。
c0168669_18221181.jpg

室内での撮影の為、カメラのオートホワイトバランスには判断が難しいシチュエーション、かなり青いですね。このような場合は、グレーカードを入れて撮影すると便利です。
c0168669_1823820.jpg

”ホワイトバランス”からグレーバランスツールをクリックし、スポイトでグレーカード部分を選択します。
c0168669_18232844.jpg

簡単にホワイトバランス調整が出来、色かぶりが解消しました。
次に、このホワイトバランスのパラメータ情報を、前出の画像へコピーします。
この調整は、光源が同じシチュエーションの場合に有効な調整法です。
c0168669_18235173.jpg

①の”テイスト・パラメータ”をクリックし、タブページの”一時登録”(拡大画面)の左●(カーソル部分)をクリックすると、パラメータ情報が登録されます。
c0168669_18244151.jpg

次に、前出の画像を開き、さきほど登録しました”一時登録”の時間部分をクリックすると、
c0168669_1825578.jpg

グレーカードを入れて撮った画像と同様に、簡単に色かぶりが解消しました。

パラメータの”一時登録”は、サムネイル画面の状態でも使用出来ますので、対象画像を全て選択してパラメータ情報をコピーするだけで、一気に調整を行うことが出来、とても便利です。
下の画像も同じ作業を施し、仕上げてみました。皆様ぜひお試しください!
c0168669_18253810.jpg
c0168669_18255639.jpg



(編集:音羽)
[PR]
by silkypix | 2010-08-24 18:35 | ご挨拶

打ち上げ花火を撮影してみました。

毎日暑い日が続いています。
現在、弊社が所在する千葉県の海浜幕張はウェザーニュース調べで36℃となっており、平熱の低い私にとって体温以上です。
皆様、まだまだ暑い日が続きそうですので、こまめに水分補給し、熱中症には十分お気をつけ下さい。

さて、先日近所で行われた花火大会へ行って来ました。
当日は凄い人出が予想されたので、打ち上げ場所近くには行かずに、少し離れた場所で見ることにしました。三脚をセットし、まだ夕焼け色が残る空へカメラを向けます。
c0168669_15213823.jpg

打ち上げ場所から距離があるので、少し遅れて音が到着します。
暗闇が満ちていくに従い、花火は盛り上がりをみせます。
c0168669_1528529.jpg
c0168669_15281636.jpg
c0168669_15282622.jpg
c0168669_15283589.jpg

花火の撮影はある程度予想が必要で、なかなかタイミングが難しかったですが、集中するのが心地よく、撮影していてとても楽しい時間でした。

最後に、SILKYPIXでRAW現像するにあたり、重宝した機能、「黒レベル」です。

「黒レベル」調整前の写真がこちらです。
c0168669_154658100.jpg

暗闇が締まらず、メリハリに欠ける印象です。
露出調整でアンダーに補正すると、花火も暗くなってしまいます。
そのような場合は「黒レベル」をお試し下さい。
c0168669_15391366.jpg

初期設定では、「0」になってますので、画面を見ながら右にスライダーを移動し調節します。
c0168669_1546696.jpg

調整後の写真です。メリハリがつき、花火がくっきりはっきり表現できました。
ぜひお試しを!


(編集:音羽)
[PR]
by silkypix | 2010-08-16 15:40 | 機能紹介(黒レベル)

富士山初登頂写真その2 頂上に立つ

先々週のブログに引き続き、富士山登頂をご紹介させて頂きます。
ご来光の撮影が終わり、また休憩も兼ねたので体力が回復した気分です。
再出発し、頂上を見上げます。
c0168669_18201748.jpg

まだまだ長い道程ではありますが、頂上が見えるので気分的にはもう少しかなと感じました。
それが、実に甘い考えだった事はそれからまもなくの事でした。
c0168669_18204685.jpg

登っても登っても、頂上が近づいてきません。もう目の前にある次の山小屋までが、限りなく遠いのです。休憩する頻度が高くなり、また写真を撮る頻度が低くなってきましたが、やはり眺望は最高です。
c0168669_1821036.jpg

素晴しい眺望を頭に焼付け、シャッターを押すだけ。RAW撮影はその場でのカメラ設定が最小限で済むのでありがたいです。
c0168669_18215315.jpg

ゆっくりゆっくり進みます。時間は掛かってますが着実に頂上が近づいています。
c0168669_1823680.jpg
c0168669_18231748.jpg

まもなく頂上というところで、渋滞です。しかし消耗しきった体に、渋滞のペースはちょうど良かったです。
c0168669_18263265.jpg

あの鳥居をくぐると頂上です。皆さんの顔に笑顔がみられます。
c0168669_1829246.jpg

頂上です!
c0168669_18352100.jpg

c0168669_18353035.jpg

この達成感はなにものにも変えがたいです。そして、この道程を写真で記録したことを、今あらためて良かったと感じています。正直、途中で何度か重い一眼レフタイプのカメラを持っていったことに後悔しましたが。
この後1時間ほど頂上に滞在し、ゆっくり下山、最後は本当にヘトヘトでした。
帰路では「もう2度と登るか!」と思っていましたが、写真を眺めていると、もっともっと凄い景色をみせてくれるような気がして、現在ではまた登りたいと感じている自分が少し怖いです。
c0168669_1853011.jpg

c0168669_18531446.jpg


(編集:音羽)
[PR]
by silkypix | 2010-08-09 18:57 | 今日の一枚

自転車+カメラ=HAPPY TIME

音羽、田辺に引き続き私からも先日行われました、「写真家広田泉と行くサイクルフォトラリー」のご紹介となります。まず、このイベントの趣旨ですが自転車に乗りながら場所を移動し鉄道写真を撮ろうと言うものです。今回は千葉の真ん中を走る小湊鉄道沿線で行われました。
小湊鉄道は終点付近の「養老渓谷」から内房にある駅「五井」までを結ぶローカル線で、最近では珍しい「気動車(きどうしゃ)」が運行されています。気動車とはいわゆるディーゼルカーの事で、見た目は電車とそっくりなのですが電力を供給する架線やパンタグラフがありませんので、写真で撮る場合には意外と邪魔なものが無く開けた構図が狙えたりするのも魅力の一つです。エンジンで動いていますので乗った感じもバスのような音がします。

もっと詳しい情報は

▼以前の記事で私からご紹介させていただいた事があったり
 http://silkypix.exblog.jp/13190138


▼撮り鉄子企画でご紹介させていただいたり
 http://www.isl.co.jp/SILKYPIX/japanese/special/tetsuko/


していますのでぜひご覧下さい。
紅葉の有名なポイントもあったりこれからの季節は関東近郊ではおすすめの撮影地です。

ご紹介に入る前にこれから鉄道写真を始めてみたい方は注意事項がいくつかありますので安全のためにもご覧ください。

▼鉄道写真撮影時の注意事項
 http://www.isl.co.jp/SILKYPIX/japanese/campaign/railwayphoto/attention.html



c0168669_12203065.jpg


今回は「サイクルトレイン」という休日に運行しているものでまずは「五井駅」から養老渓谷の一つ先の終点の駅「上総中野」まで小湊鉄道で移動しました。写真をご覧いただくと自転車をそのまま乗せてありますね。これは楽チンです。

c0168669_12453929.jpg


そこからサイクリングスタートです。途中列車とすれ違ったりしながら小湊鉄道沿線を走ります。

c0168669_12472047.jpg


今回はお子様も参加されていて支えられながらも頑張って山道を登っていました。良い夏休みの経験になったのではないでしょうか?
今回、自転車での撮影のメリットを色々と感じました。

●ペースが車よりも遅いため見落としがちな風景に気づきます。
●山間部の起伏や町の風土などをより感じやすいため違った写真のイメージが思い浮かびます。
●細い道にも入っていけるのでアプローチ可能な足場が増えます。
●ダイエット効果も期待できます。
●地球に優しい。

などなど

c0168669_12543690.jpg


今回、同行ガイドとして参加してくれた「ReadyGoJapan」という自転車のチーム武田 和佳ちゃんですが、撮影講座のモデルとしても活躍してくれました。今回は表情や自転車のフォルムなどを写し込みたくてシャッタースピードを上げて縦位置で止めてみました。

流し撮りで画の中で動きを表現するのも良いのですし、高速シャッターで一瞬を止めて見せるのは動画には無い写真ならではの表現方法ですね。

c0168669_1301147.jpg


山間部を抜けると勾配も緩やかな田園部に入ります。この辺りではもうペダルもラクラクです。

c0168669_1314116.jpg


小湊鉄道沿線の魅力の一つに様々なロケーションが約40キロの中にあると言うことがあります。
渓谷から始まり山間部、田園農村部、都市部など変化があるので写真を撮ってても自転車に乗っていても飽きない感じです。

c0168669_1318196.jpg


最後に同行したSILKYPIXスタッフ土門の自転車を撮ってみました。
GR Digitalでの撮影ですがこの角度から28mm画角で撮ると後ろのタイヤがだいぶ小さくなりますね。


まだまだ日差しが強く熱いですが、涼しくなってくると自転車には快適な季節になってきます。
皆様もお住まいの近辺を「自転車+カメラ」でブラブラしてみるのはいかがでしょうか?
その際はもちろん安全運転で!

(編集:横山)
[PR]
by silkypix | 2010-08-06 13:29 | 今日の一枚

【コラボ開催】RAW現像とカラーマッチングに関する無料セミナー

ウェブサイトやメールマガジンの方ではご案内差し上げておりますがEIZOモニターの(株)ナナオ様とのコラボ企画でRAW現像とカラーマッチングに関する無料セミナーを全国4箇所で開催させていただくことになり、現在ご参加いただける方を募集しております。

c0168669_14104824.jpg


名古屋会場 8月20日(金)
大阪会場 8月21日(土)
仙台会場 8月27日(金)
福岡会場 8月28日(土)

▼詳しい募集要項やお申し込みは(株)ナナオのサイトから
http://www.eizo.co.jp/products/seminar/raw1008/index.html


私達からはRAW現像の初級編と致しまして

・RAW現像のしくみなどをプレゼンテーション
・SILKYPIXの基本調整方法をデモ
・一枚の写真を幾つかの機能を使って仕上げる実践編デモ

などを予定しております。

また、(株)ナナオ様からは

・EIZOモニター専用ソフトEASYPIXを使ったモニターのキャリブレーションと
 SILKYPIXを使ったプリント時のカラーマッチング方法

・写真編集の最適な環境

など聞けるのではないかと思います。

短い時間ではありますがご質問の時間などもございますのでご都合がよろしければ
ぜひご来場ください。
皆様とお会いできるのを楽しみにしております。

(編集:横山)
[PR]
by silkypix | 2010-08-05 14:19 | ご案内

初挑戦いっぱいの小湊鉄道サイクルフォトラリー

昨日の音羽の記事でご紹介したとおり、「写真家広田泉と行くサイクルフォトラリー」にSILKYPIXスタッフ一同参加してきました。今回は私にとってたくさんの初挑戦があり、とても有意義な時間となりました。

c0168669_11154539.jpg

今回は、この4月から土日限定で常設化された「小湊鐵道サイクルトレイン」を利用して、五井駅から上総中野駅まで列車で移動し、そこから数ヶ所で撮影を行ないながら自転車で五井駅まで戻るという行程でした。
輪行袋を必要としないサイクルトレインという物を利用するのは初めてでしたが、分解して袋に入れる手間がないことが楽なのはもちろんですが、他のサイクリストの方との交流の機会として、とても楽しい時間が過ごせました。

c0168669_11163931.jpg

今回の講師である広田泉さんとサイクルトレイン車内の風景です。
サイクルトレイン車内はこんな感じで車内にたくさんの自転車が所狭しとならべられ、ちょっと不思議な光景でした。広田さんにはMOVIE lab.などでもご出演いただいていますが、やはりかっこいいです。

c0168669_1116153.jpg

この日は晴天に恵まれ、とても暑い一日でした。冷房のきいた車内から外を眺めると陽炎のような空気のゆらぎが見え、どこか遠い世界の光景のようなそんな印象を受けました。…まあ、この後のサイクリングで散々その暑さにさらされたわけですが(汗

c0168669_1119351.jpg

最初の撮影ポイント「月崎駅」では、なぜか持って行ったBORG77EDIIでの鐡道写真初挑戦。
暑さにやられていたせいか、単に腕がないせいなのかはわかりませんがブレまくりピント外しまくりという体たらくでした。

c0168669_11192574.jpg

換算1000mm近い画角だと、ホーム端へ行っても画角内に列車全体を収めることは出来ませんでしたので、ここでは部分を切り出して雰囲気をだしてみようと考えて撮影しました。

c0168669_11195945.jpg

こちらは、サイクリング中のサポートと写真のモデルとして参加してくださっていた自転車女子チーム「ReadyGoJapan」の、武田和佳選手です。「月崎駅」で列車の時間を待つ間のポートレート撮影タイムでのひとコマです。
広田さんの簡単なレクチャーの後、皆でわいわいと撮影を行っていたのですが、ここでもBORGを外さなかった私は、ひとり10mほど離れた場所で蚊帳の外だったのはまあご愛嬌ってことで。

c0168669_11201637.jpg

高滝で昼食をとった後は、再び武田選手にモデルになっていただいて撮影しました。さすがに自転車に乗っている姿はカッコいいの一言ですね。まともに流し撮りに挑戦するのは初めてでしたが、ちょっとこの楽しさにはハマってしましそうです。

c0168669_11203218.jpg

もう一枚。こちらの方がきちんと止まっているでしょうか?

c0168669_11272463.jpg

最後の撮影地となりました、光風台-上総山田間の橋付近での写真です。昨日の記事で音羽がほぼ同一のカットをご紹介していますが、クオリティはともかく鉄道写真らしい鉄道写真を撮ったのもこれが初めてでしたのでとりあえず貼っておきます。

c0168669_11232544.jpg

こちらはその直後、走り去る鉄道を撮影した写真です。左下に橋の下で真下から狙っていた広田さんが写真を確認している姿が写っています。下から撮影するという遊び心やそれを即実行してしまう行動力はさすがですね。この時撮影された写真は広田泉さんのブログで見ることが出来ます。

というわけでだらだらと写真をごらんいただきましたが、サイクルトレイン、大人数でのサイクリング、流し撮り、鉄道写真とたくさんの初めてが詰まったとても楽しいイベントで、心配していた暑さや疲労も、楽しさが勝っていてあまり感じないほどでした。
今回のイベントに誘ってくださった広田泉さん、サポートについてくださった地元のサイクリストの皆様主催者・関係者の皆様本当にありがとうございました。次はもう少し涼しい時期に参加させていただきたいと思います。

このイベントで自転車で移動しながらの写真の楽しさを再認識した気がします。私も引き続きBORGサイクルスナップスタイルで楽しんでいきたいと思います。みなさまも、自転車でサイクルスナップに出かけてみませんか?
[PR]
by silkypix | 2010-08-03 14:14 | 今日の一枚

小湊鉄道サイクルフォトラリーに参加しました

心和む沿線の風景と、その風景に調和する車輌が魅力で、多くの写真愛好家を虜にしている「小湊鉄道」。
数多くの印象的な写真を目にしながらも、まだ実際に撮影に出向いた事はありませんでした。

ある意味、撮影に赴く「きっかけ」を待っていた節もあったのですが、ちょうど良いタイミングで開催するイベントを知りました。
その名も「小湊鉄道サイクルフォトラリー」。
「鉄道と写真と自転車の相性は最高だ」を提唱する写真家 広田泉氏を中心に開催するイベントで、小湊鉄道サイクルトレインに自転車をそのまま(輪行バッグに入れずに乗せられるので楽チン!)乗せていざ出発、終点の上総中野まで行き、そこから出発地点の五井まで40数キロ沿線をサイクリングしながら撮影をしましょうと言う趣旨です。

これはまさに意を得たり、撮影地はなかなか車で近づけないところが多かったり、また徒歩だと時間が掛かりすぎたりといった部分を解消してくれるのが自転車であります。しかも「小湊鉄道」と言うと、麓から養老渓谷に上っていくイメージがあり、もしかして自転車道中は下り坂主体で快適快走!といった期待もあり、今回SILKYPIXブログスタッフ4名での参加と相成りました。

事前の天気予報で、最高気温35℃。暑さ対策を万全にして出発です。
車内はこんな感じ。
c0168669_1759488.jpg

通り過ぎる窓景も魅力的です。
c0168669_17592516.jpg
c0168669_17593542.jpg

念願の初!小湊鉄道車輌撮影。ヘッドマークが眩しいです。
c0168669_17595237.jpg

自転車だから行くことの出来る妖しいトンネル。
c0168669_180515.jpg

気持ちの良い道。
c0168669_180201.jpg

空と車輌と稲田のコントラスト。既に稲穂が頭を垂れていました。
c0168669_1803473.jpg

休憩で用意されたお茶が、暑さと心地よい疲労で信じられない程美味しく、また随所で行われる広田さんの撮影講習が楽しく、そしてその場ですぐ実践出来るので喜びが深く、初めてお会いした方々とも写真・自転車共通の話題で、あっと言う間に仲良くなり、終始笑い声のたえない素敵なイベントでした。

鉄道と写真と自転車、間違いなく相性が抜群だということを、身を持って体感した真夏の1日でした!
また、撮った写真をSILKYPIXで現像していると、楽しい時間がよみがえり、ひとり「ムフフ」と笑ってしまい困っています。
楽しい時間を共有させて頂きました皆様、ありがとうございました。
c0168669_181177.jpg


最後に、ひそかに期待していました自転車道中は下り坂中心とまでは言えず、”適度”に起伏がありました。。


※先週予告しました「富士山登頂後編」は、次週アップします。


(編集:音羽)
[PR]
by silkypix | 2010-08-02 18:05 | 今日の一枚
|