SILKYPIX BLOG

/ silkypix.exblog.jp

RAW現像ソフトSILKYPIXオフィシャルブログ

<   2011年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

HDR表現を気軽に用いてみる

SILKYPIX Developer Studio Pro5 Beta(Windows版)の、HDR(ハイダイナミックレンジ)機能ですが、1ショットのRAWデータからHDR表現を実現できるということで、過去に撮影したデータを改めて見直しています。撮影当時は納得した仕上がりにならなくてボツカットにしていた写真でも、HDR表現に適したカットがあるかもしれませんね。

今回目をつけたのがこの写真。
c0168669_17401819.jpg

歩道橋下でみかけた野良猫、人懐っこく寄ってきたと同時に背後に電車が通り、とっさにシャッターを押しました。
しかしカメラのAEが背景の明るさに引っ張られ、猫がかなり暗くなってしまいました。一応、+1.0EV露出補正していたのですが、読みが甘かったようです。SILKYPIXでのRAW現像時に、露出で明るくしてみても”覆い焼き”使ってみても、いまひとつ納得できずお蔵入りとなっていました。そこで今回HDRを試してみたところ、
c0168669_17405222.jpg

c0168669_17423218.jpg

暗くて表情がわからなかった猫の顔が見えるようになり、手前からレフ版を当てたようなダイナミックレンジの高い写真ができました。白トビしていた背景の空部分に高架橋のようなものも見えてきています。

従来までのHDR表現は、露出違いのカットを数枚用意し専用ソフトで合成する手法を用いるのが一般的で、動体撮影には不向きでした。しかしSILKYPIXのHDRは先にも述べたとおり、1ショットのRAWデータから実現できますので、動体やスナップなどの撮影でお気軽に使ってみていただければと思います。

▼SILKYPIX Developer Studio Pro5 スペシャルサイトはこちら
http://www.isl.co.jp/SILKYPIX/japanese/special/dsp5/


(編集:音羽)
[PR]
by silkypix | 2011-03-08 17:48 | 機能紹介(HDR)

チューリップを撮影しました

3月に入りました。
ここ最近は春の陽気を思わせるような日があったと思うと、本日のように真冬のような寒気が戻ってきたりと、不安定な天気が続いています。皆様、体調管理には十分お気を付けください。

さて、先日ですが会社近くの植え込みに咲いたチューリップを撮影しました。
c0168669_1847355.jpg

左から強い光が当たり、大きく白トビしています。ここはRAWデータが保有する豊富な階調を使って減感し、白トビ部の階調を復元してみたいと思います。
c0168669_18475985.jpg

露出のスライダーを左に移動し、-1.8EVアンダー補正してみたところ、
c0168669_18482794.jpg
たしかに白トビ部の階調を復元できましたが、背景も暗くなってしまい写真の印象が大きく変わってしまいました。このイメージは本意ではありませんので、白トビ部以外の明るさは維持したままで、白トビ部の復元をしたい場合は、ハイライトコントローラの「ダイナミックレンジ」を使ってみてください。
c0168669_18485313.jpg

サブコントロールのアイコンからハイライトコントローラをクリックし、「ダイナミックレンジ」のスライダーを右に移動します。
c0168669_18491893.jpg

背景の明るさは維持したまま、白トビ部のみの階調を復元することができました。

撮影時に露出がオーバーすぎて失敗写真だと感じた写真でも、RAWデータだと減感の可能性がありますので、SILKYPIXでぜひお試しいただければと思います。


(編集:音羽)
[PR]
by silkypix | 2011-03-01 18:53 | 機能紹介(ダイナミックレンジ)
|